小倉優子、檀れい、永作博美がハマる「食べる甘酒」のパワー

小倉優子、檀れい、永作博美がハマる「食べる甘酒」のパワー

「食べる甘酒」が話題に

「食べる甘酒」が凄い力を秘めている、とメディアを騒がせている。5月12日に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)では、小倉優子(33)が「甘酒のおかげで15年来の便秘が改善した」と明かした。

 昨年12月放送の『あさイチ』(NHK)では、女優の檀れい(45)やモデルの道端アンジェリカ(31)ら美女たちが美肌を維持するために食べていると紹介した。その他にも永作博美(46)、井川遥(40)などもハマっていると伝えられている。

 その反響を受けてシニア向け健康雑誌『壮快』でも、生活習慣病を改善する健康作用があると特集。自宅で美味しく食べるためのレシピ本も続々発売されている。甘酒は、その製法によって2種類に分けられる。

 ひとつは「飲む甘酒」だ。米から日本酒を作る過程でアルコール発生後に取り出される「酒粕」を湯で溶かしたものが「飲む甘酒」で、アルコール分を含む。初詣の神社などで振る舞われる。

 もう一つが、アルコールの発生前、米に麹を加えたところで取り出す「食べる甘酒」。ノンアルコールで、米の粒が残ってとろみが多く、おかゆのような食感になる。

 昨年6月、「食べる甘酒」について日本抗加齢医学会で発表した、桑島内科医院副院長の桑島靖子医師が解説する。

「私自身、胃腸の調子がよくない時期があり、腸内環境を整えるにはどうすればいいかを考えていました。発酵食品が良いと言われていますが、漬物では塩分過多になり、塩麹ではあまり量を摂取できない。欧米人が好むヨーグルトなら効果的に乳酸菌を摂取できますが、日本人は牛乳に含まれる『乳糖』を吸収できない体質の人が多く、下痢の原因になります。試行錯誤の末にたどり着いたのが、日本人になじみ深い『甘酒』でした」

◆「ACE阻害薬」と同等!?

 30年ほど前に「日本一の長寿村」として有名になった山梨県棡原(ゆずりはら)村(現・上野原市)で、「食べる甘酒」は長く親しまれてきた。上野原市企画課担当者がいう。

「棡原はお米が取れる地域ではないのですが、麦麹を使った甘酒を飲む習慣があります。甘酒に加え、水の代わりに甘酒を使って生地を練る『酒まんじゅう』を食べることも、高齢者が元気でいられる理由だと思います」

「食べる甘酒」にはどんな力があるのか。

【善玉菌を増やして大腸がんを予防する】

 最大の特徴は、「食物繊維」と「オリゴ糖」を豊富に含むことだ。

「『食べる甘酒』を摂取することで腸内の善玉菌が食物繊維とオリゴ糖を食べると、『酪酸』という物質が生まれます。酪酸は大腸を動かす最大のエネルギー源であり、腸内を活性化して様々なプラス効果をもたらします。酪酸は、大腸内でがんの原因となる酵素・βグルクロニターゼを抑制することが広く知られています」(前出・桑島医師)

 人間の腸内には約500種類、100兆個もの腸内細菌が生息するとされる。それらの細菌は人間の体調と密接に関係しているのだ。

【降圧剤「ACE阻害薬」と同じ働き】

 全国1010万人とされる高血圧患者にとって嬉しいのが、「降圧作用」だ。

「『食べる甘酒』に含まれる『ペプチド』には、高血圧を引き起こすACEという酵素の働きを抑える作用があります。これは降圧剤の一種である『ACE阻害薬』と同様の働きだといわれています。

 ACE阻害薬はEDなどの副作用があるが、『食べる甘酒』にはその心配もない」(イシハラクリニック副院長の石原新菜医師)

【心を落ちつかせて認知症を抑える】

 前出・桑島医師らが日本抗加齢医学会で発表した内容によれば、特別養護老人ホームに入居する認知症患者7人に毎日コップ1杯分の「食べる甘酒」を3~4か月食べてもらったところ、夜間に興奮して叫ぶなどの行動に改善がみられた。

「夜間に叫ぶことの多かった認知症の92歳の男性は、夜間に落ち着いて熟睡するようになりました。『食べる甘酒』の摂取によって、心を落ちつかせる働きがある『セロトニン』の分泌が促進されたことが原因だと推測しています。

 アルツハイマー型認知症の患者はセロトニンの分泌量が低下すると知られている。『食べる甘酒』にも認知症予防効果が期待される」(桑島医師)

【栄養価が高くダイエットも可能】

 甘酒は、必須アミノ酸やオリゴ糖などの栄養素を含み、“飲む点滴”と言われるほど栄養価が高い。

「さらに『食べる甘酒』は『飲む甘酒』に比べて、代謝を良くするビタミンB群が大量に含まれており、便通をよくする食物繊維が豊富に含まれているため、ダイエットに適している」(桑島医師)

 食べる甘酒は、米と炊飯器があれば、簡単に作ることができる。

「食べる甘酒」や「麹甘酒」という名で売られる市販品は加糖されて飲みやすくなっている。しかし、高カロリーの傾向がある。気になる人は自宅で手作りするのが良いだろう。以下、作り方を紹介する。

1:米(もち麦、玄米でも可)を洗い、水600ccに30分(玄米の場合はひと晩)つけておく。
2:1を炊飯器に移し、おかゆモードで炊く。
3:おかゆができたら、水200ccを注いで混ぜ、5分程度おいて粗熱を取る。
4:60度前後になったら、乾燥米麹を加え、よく混ぜる。
5:炊飯器のふたを開けたまま、付近をかけ、保温モードで8時間保温する。
6:ほんのり黄色みを帯び、甘みが出たら完成。

 以上、レシピ協力は『新装版 からだに効く! おいしく食べる甘酒レシピ』(東邦出版)より。

※週刊ポスト2017年5月26日号

関連記事(外部サイト)