鳥の声マネ 言葉を教える時は1対1、ご褒美は不要

インコなどに言葉を覚えさせる上手な方法 オスの方が適し、ご褒美は不要

記事まとめ

  • インコなどに言葉を覚えさせる上手な方法について主婦が相談し、動物病院院長が解説
  • セキセイインコは長文が得意で、オカメインコは口笛などの“音マネ”が上手という
  • オスの方が言葉を覚えるのに向いており、犬や猫のようにご褒美は不要と述べている

鳥の声マネ 言葉を教える時は1対1、ご褒美は不要

鳥の声マネ 言葉を教える時は1対1、ご褒美は不要

オスの鳥の方がおしゃべり上手

 犬や猫と同様、ペットとして愛されているのがインコやオウムなどのだ。そんな鳥を愛する鳥取県の主婦から、お悩みが届いた。

「わが家では、セキセイインコとの“おしゃべり”が日課となっていますが、まだ、簡単な言葉しか話せません。上手な言葉の覚えさせ方を教えてください」(鳥取県・ゆらら・45才・主婦)

 そこで、うさぎやフェレット、鳥や爬虫類などを専門とする、みわエキゾチック動物病院院長・三輪恭嗣さんが、鳥の生態について解説する。

 * * *
 インコやオウムは、人間の言葉を発したり、口笛や目覚まし時計の音をマネするなど、“おしゃべり”が得意です。

 しかしこれは、人間のように脳で考えて言葉を発声しているのではなく、肺の上の鳴管(めいかん)という器官を震わせ、音をマネしているにすぎません。つまり、“おしゃべり”は“鳴き声”なんです。

◆メスよりもオスの方がおしゃべり上手

 では、なぜオウムやインコは、人の言葉をマネするのか。それは、鳥の習性が関係しています。鳥の中には、フクロウのように単独で生活する鳥と、インコやオウムのように群れやつがいで生活する鳥がいます。後者は、相手とコミュニケーションをとる手段として、鳴き声で呼び合います。つまり、インコやオウムは、人間(飼い主)を群れの仲間やつがいとみて、好きな相手とコミュニケーションをとろうと、人間の言葉を“話す”のです。

 しかし、すべてのインコやオウムが、おしゃべり上手というわけではなく、得意・不得意があります。例えばセキセイインコの場合、長文を覚えるのが得意で、昔話を話せるようになる子もいます。一方、オカメインコは長文が苦手。言葉よりも口笛やカメラのシャッター音などの“音マネ”が上手です。

 ヨウムという大型インコは知能指数が高く、会話が成り立つようなケースも。また、一般的に同じ種類の鳥でもメスよりオスの方が、言葉を覚えるのに向いているといわれています。

◆女性の声の方が覚えやすい

 言葉を覚えるには、年齢が若ければ若いほどよく、かつ手乗りで育てた方が、飼い主との関係が密接になるので、早く言葉を覚えてくれます。教える時は、人と鳥1対1で行うこと。さらに、教えるのは同じ人が行った方がいいでしょう。女性の声の方が覚えやすいともいわれています。

 覚えさせるには、とにかく何度も同じ言葉を繰り返すことが大切。犬や猫のしつけのように、ごほうびとしておやつをあげる必要はありません。“言葉“でコミュニケーションがとれると、お互いの愛情も深まるはず。鳥の性質を踏まえつつ、根気よく教えてあげてください。

※女性セブン2017年6月8日号

関連記事(外部サイト)