嗚呼、10匹メスがいたら1か月で26万匹に…、ノミの撃退法

害虫のノミは、メスが10匹いたら1カ月で26万匹に ペットのノミ対策と撃退法

記事まとめ

  • 害虫のノミは、メスが10匹いたら、1カ月で26万匹になるという
  • ペットの寝る場所に細かい砂粒のような赤黒い物体が落ちていたらノミがいる証拠だそう
  • ペットを飼っていなくても、近所に野良猫や野良犬がいる場合は注意が必要とも

嗚呼、10匹メスがいたら1か月で26万匹に…、ノミの撃退法

嗚呼、10匹メスがいたら1か月で26万匹に…、ノミの撃退法

猫や犬、人にも寄生して吸血し、激しいかゆみや炎症を引き起こすネコノミ

 ダニとともに、私たちの身近にいて、害を及ぼす虫がノミ。温暖で湿度の高い場所を好むため、室内のカーペットやソファ、ベッドの隙間などに生息している。10匹メスがいたら、1か月で26万匹になるという。ライオンの研究開発本部で害虫について研究する“虫博士”こと亀崎宏樹さんは、こう語る。

「ノミは犬や猫に寄生することが多いので、ペットのいるご家庭はノミのいる確率も高い。ペットの寝る場所に、細かい砂粒のような赤黒い物体が落ちていたら、ノミがいる証拠。これは、ノミの“血糞”で、幼虫のエサになるため、血糞あるところには必ず卵もあります。ペットのベッドや小屋はこまめに掃除機をかけ、水洗いできるものは週に1度は洗いましょう」(亀崎さん)

 白金高輪動物病院総院長の佐藤貴紀さんは、ペットのノミ被害と対策について教えてくれた。

「猫も犬も、ノミの唾液によるアレルギー性皮膚炎、下痢や体重の減少、貧血などの症状が出るので、見つけたらすぐ動物病院へ。最近ではノミに効く内服薬を処方するのが主流です」

 ノミが発生した室内は、有機リン系やカルバメート系殺虫剤を散布し、エアゾール剤をペットのいる場所と周辺に散布。しばらくしてから掃除機をかけるのが有効だという。

「ノミの生息状況にもよりますが、数日から数週間、定期的に行うのが効果的です」(佐藤さん)

 ペットを飼っていなくても、近所に野良猫や野良犬がいる場合は注意が必要。

「犬や猫は、土と戯れる習性があります。猫や犬についていたノミが土に落ちると、ガーデニングをする人も吸血されます。外での作業は夏でも肌の露出を抑えた服装で」(亀崎さん)

※女性セブン2017年6月8日号

関連記事(外部サイト)