【法律相談】友人の亀の写真 無許可でネット公開して良い?

【法律相談】友人の亀の写真 無許可でネット公開して良い?

亀にも肖像権はあるのか?

 スマホの普及により、許可なくSNSに顔写真をアップされるトラブルは後を絶たないが、飼い主の許可なく亀を撮影してブログに載せたら罪になるのだろうか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 友人宅に遊びに行ったとき、飼われている亀に愛嬌を感じたので、スマホで撮影し、ブログにアップ。すると友人から、亀といえども飼い主の許可なくSNSなどに載せた場合、罪に問われるとクレームが入ったのです。亀に肖像権があるとは思えず、友人の難癖は解せないのですが、実際はどうなのでしょう。

【回答】
 肖像権とは、みだりに人の姿態や容貌を撮影されたり、その写真を公開されない権利ですが、人ではない亀に、肖像権はありません。

 ただし、飼い主は動物の所有者として、写真撮影を拒否できます。その飼い主から拒否されない限り、写真撮影や発表は自由です。ところが、希少動物だったり、愛嬌や動作が有名で、その動物の写真を使うことで多くの人をひきつけ、商売に利用すると営業機会が格段に広がる場合もあり得ます。このような力を顧客吸引力といい、顧客吸引力に着目した権利をパブリシティ権といいます。

 有名芸能人やスポーツ選手の写真を使った商品などを無断で販売すると、パブリシティ権の侵害となり、販売差し止めや損害賠償請求を受けることがあります。つまり、顧客吸引力がある動物の写真も財産的価値があるため、飼い主に無断で使えないという議論も成り立ちます。

 かつて著名競走馬の実名を利用した競馬のゲームソフトが、パブリシティ権侵害になるか争われました。最高裁は物(動物は物)の所有者の権利は、「その物の有体物(現実にある物そのもの)としての面に対する排他的支配権能であるにとどまり、その物の名称等の無体物としての面を直接排他的に支配する権能に及ぶものではない」とし、競走馬の名称等が無体物としての面で有する顧客吸引力などの経済価値を利用したとしても、競走馬の所有権を侵害しないと判断しました。

 そこで、特に利用を制約する約束をすることなく、写真撮影できた亀の写真をネット上に載せても問題はありません。それでも、亀が有名で飼い主が特定できる場合、載せ方によって、友人の信用や名誉を傷つけるようなことがあれば、別に不法行為としての責任を負うことも考えられます。

【弁護士プロフィール】竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2017年6月9日号

関連記事(外部サイト)