天候変化で感じる体の不調 「天気痛」の原因と対処法

天候変化で感じる体の不調 「天気痛」の原因と対処法

天候の変化が人体に影響を及ぼすことはあるのか

「雨が降ると頭痛がする」「台風が近づくと腰痛や肩こりがひどくなる」──天気によって持病の痛みが増した経験を持つ人はいるだろうが、「気のせい」と片付けていないだろうか。

 天気は人体にさまざまな影響を及ぼしており、それは時に命の危険すら伴うこともある。気圧医学の第一人者で、『天気痛』(光文社刊)の著書もある愛知医科大学客員教授の佐藤純氏は、20年以上にわたって「天気と痛みの関係」を研究してきた。佐藤氏がこう語る。

「天気の悪化による不調を『天気痛』と名付け、2015年に出演した生活情報番組『ためしてガッテン』(現『ガッテン!』、NHK)で初めて言及しました。当初は“信じる人がいるのか?”と不安でしたが、番組終了後に“長年の痛みの謎が解けた”、“これまで痛いといっても信じてもらえなかったのに、これで理解してもらえる”などのメッセージが続々と届いたのです。研究を続けてきて良かったと思いました」

 佐藤氏によれば天気痛のメカニズムはこうだ。

「天気が悪くなる、つまり気圧が下がると人間はこの変化をストレスに感じます。それに対抗しようと自律神経内の交感神経の働きが活発になり、血圧や心拍数が上昇することで痛みの回路も活性化。痛みに敏感になり、慢性痛などが強く出てしまうのです。

 天気痛を訴えるのは女性が圧倒的に多いのに、天気の変化を感じるのに男女差はないはず。男性は痛みを訴えたり、具合が悪いと言ったりしにくい風潮があるため、表に出てきてないだけでしょう。

 2015年の愛知医科大学の調査によれば、現在国内だけで約1000万人以上が天気痛の症状を抱えていると推計されます」

 痛む場所は、それぞれが抱える持病や慢性痛の部位による。代表的な天気痛は、片頭痛、肩こり、腰痛、関節痛などだが、うつや気持ちの落ち込み、イライラが強く出るなどの精神状態にも影響を及ぼすという。

◆天気の変化で脳梗塞に

 どんな天気のときに痛みが出やすいのか。上本町わたなべクリニック院長の渡邊章範氏が言う。

「自律神経は朝から昼にかけて上がり、夜に向けて下がっていくという気温の変化に合わせるようになっています。それが狂った時に“痛み”を感じます。

 例えば朝はカンカンに晴れていて気温も高かったのに、昼頃から強い雨が降って気温が全然上がらない時、ズキンズキンと脈打つような頭痛を訴える人が多い。頭をギューっと締め付けるような痛みが生じる筋肉系の頭痛とは明らかに違う痛みです」

 痛みは天気が変わった時に顔を出す。雨が降り始める前の曇りの段階から注意が必要だという。前出の佐藤氏が話す。

「気圧変化が大きくなる雨の“降り始め”と“降り終わり”が、もっとも痛みを感じやすい。中には5hPa(ヘクトパスカル)程度の気圧変動で、痛みのあまり身動きが取れないという人もいます。5hPaとは夕立が降った時など、ごく普通に見られる変動です」

 ゲリラ豪雨などで急速に低気圧が発達した場合は30hPa以上の気圧変化が生じ、多くの人が天気痛を訴えることになる。逆に雨が一日中降り続くような日は気圧が低く安定するため、痛みは強く出ないという。

 気圧が上下することで、気温や湿度も変化する。これもまたさまざまな病態を引き起こすことになる。

「ゲリラ豪雨のように晴天から一転して大雨が降った時は、気圧が下がる一方、湿度が上がります。湿度が高いと発汗が抑えられることで血行不良が起き、関節痛やリウマチが悪化するケースが多いのです。とくにリウマチは“梅雨時が一番辛い”という患者さんが多いのですが、こうした理由からだと考えられています」(前出・渡邊氏)

 京都大学リウマチセンターは2014年に大規模調査を行ない、「リウマチ患者の痛みや腫れは、気圧の低い時に起きやすい」という結果を発表している。気象予報士の資格を持つ、国家公務員共済組合連合会立川病院医長の福永篤志氏は、こんな話をする。

「脳神経外科医である私が気象予報士の資格を取ったのは、脳の病気と天気が密接に関係があると思ったからです。

 夏になれば最高気温が35℃を超える猛暑日も来ます。こんな日は脱水により血液がドロドロとして、脳血栓が起こりやすくなります。暑い日が続いた後に急に気温が低い日が来ると、動脈硬化を患っている人は寒暖差によって血圧の調節機能が上手く働かず、脳の血管が切れたり血液の循環が悪くなって、くも膜下出血や脳梗塞を引き起こすケースも多数報告されています。

 夏や秋に見られる1日の気温差が10℃以上、気圧差で10hPa以上の荒れた天気の日は要注意です」

◆酔い止めが効く

 来る梅雨を前に天気痛を予防する手はないか。まず天気痛で多い片頭痛だが、脳の血管の不具合が原因であるため、いわゆる痛み止めはあまり効果がないという。そこで意外な薬の名前を挙げるのが前出の佐藤氏である。

「耳の奥には体の平衡感覚をつかさどる三半規管などが集まる内耳があるが、ここが敏感だと天気痛を起こしやすい。内耳は気圧の変化を感知し、脳に信号を送るセンサーの役目も持つ。そのセンサーが敏感だと気圧の変化に耐えられなくなり、“気圧に酔った状態”となって自律神経の働きが活発化してしまうのです。

 センサー機能を修正するには、神経の緊張を緩める作用がある漢方薬の他、抗めまい薬や酔い止めも効果的。これらの薬に含まれる成分が内耳の血流を改善したり、自律神経の働きを正常化させることで、痛みが取れます」

 簡単なマッサージによって、予防することもできるという。

「耳たぶの後ろにある硬い部分(乳様突起)には、自律神経を整えるツボが集中しています。耳の周りを広範囲で指で押したり温めたりすることで、天気痛を予防することができます。天気が崩れる前に刺激しておくと良いでしょう。

 天気痛でとくに多い片頭痛は、頭蓋骨に圧力がかかるのも一因。ガムなどを噛んで顎を動かすことで、その圧力を解放させることも効果的です」(前出・渡邊氏)

 ただし頭皮全体のマッサージは血管を拡大させてしまうので、痛みが増して逆効果だというから要注意だ。ただでさえ憂鬱になる梅雨。せめて痛みだけでも対処したい。

※週刊ポスト2017年6月9日号

関連記事(外部サイト)