景気上昇と流行が連動 2年後にハイレグ人気が再燃か

景気上昇と流行が連動 2年後にハイレグ人気が再燃か

株式会社Ai(旧・三愛)の取締役・丸田隆司氏

 バブルが華やかなりし1990年前後、男性誌のグラビアページを開けば、杉本彩、岡本夏生、かとうれいこ、飯島直子らが鋭いハイレグ水着を身に纏い、美を競っていた。なぜバブル時代に、ハイレグが受け入れられたのだろうか。女性用水着販売大手、株式会社Ai(旧・三愛)の取締役・丸田隆司氏は「やはり経済状況との関係は見逃せません」と語る。

「当時は女性の社会進出が騒がれた時代で、女性が遊びや自分にお金をかける豊かさがありました。自分を少しでも美しく見せたいという女性の欲求を、脚が長く、スタイルが良く見えるハイレグが満たしたのだと思います」

“景気が良いとミニスカートが流行る”という説がある。好景気では女性の脚の露出が増え、不景気だと減るというものだ。ハイレグの流行もこれと一致している。

「バブル景気が崩壊し、1994年頃にハイレグ人気も終焉を迎えています。この頃、ワンピース型の水着からセパレートのビキニが流行し始め、切れ込みもゆるやかになっていきました。1997年頃には完全にローレグになり、その後はパレオという腰巻も流行。足首まで隠れる大判のものも人気がでました」

 景気の後退やレジャーの多様化にともない、レディースファッション水着の売り上げも減少。現在はピーク時の4分の1程度だという。このままハイレグは過去の遺物となってしまうのか。丸田氏は興味深い説を唱える。

「私はむしろ、再びハイレグの流行がくるのではないかと予想しているんです。流行は繰り返すといいますが、実は去年あたりからビキニの流行が一段落し、またワンピース型の水着が出回るようになりました。

 過去の歴史と照らし合わせると、今の切れ込みは1980年くらい。つまりこれから2年後、おそらく2018年から2019年にかけて、景気が上昇していけば、再び切れ込みが深くなっていく可能性がある。そうなれば必ず、またハイレグの流行が来ると見ています」

 日経平均株価が2万円台を視野に入れる昨今。このまま景気が上昇し、バブル経済の徒花となって一度散ったハイレグ水着が、再び流行を迎えるのか。2年後の夏が待ち遠しい。

※週刊ポスト2017年6月9日号

関連記事(外部サイト)