ヒトラーに対する抵抗運動を行なった市井の夫婦を描く映画

【映画評】ヴァンサン・ペレーズ 監督「ヒトラーへの285枚の葉書」

 ナチス政権下のベルリンで平凡な庶民の夫婦が、ひそかにヒトラーに対する抵抗運動を行なっていた。と、書くとフィクションのように思われるが、実話だという。

 一九四〇年。前年、第二次世界大戦が勃発し、ドイツは近隣諸国を征覇し、この年にはパリを占領下に置いた。ヒトラーの絶頂期であり、ドイツ人の大半が独裁者を支持していた。その時代に、ヒトラーに異を唱える小市民がいたとは驚きである。ベルリンに住む労働者階級の夫婦(ブレンダン・グリーソンとエマ・トンプソン)は、ある日、息子が戦死したという通知を受取る。戦争の犠牲になるのはいつも戦争を望まなかった庶民だ。

 最愛の息子を失なった夫婦は、戦争を始めたヒトラーに疑問を持ち始める。なんとか抗議の声を上げたいが、強大な権力の前に庶民夫婦が出来ることなどある筈がない。

 しかし、ある時、夫はひそかに抗議の手紙を書くことを思いつく。ヒトラー批判のポストカードをひそかに町なかに置く。それが多くの人の目にとまればいい。

 無論、見つかれば命はない。しかも、手紙などヒトラー政権にはなんの打撃にもならないだろう。いわば無謀な、無益な試みである。しかし、長年、工場で職人として黙々と働いて来た実直な夫は、その「たった一人の抵抗運動」を始め、手紙を書き続ける。妻も自然に夫に協力するようになる。

 手紙は二年のあいだ書き続けられる。夫婦は手紙を書くと二人でベルリンの町に出て、ビルのなかや通りの片隅に手紙を置く。「ヒトラー政権は暴力だ」「人殺しヒトラーを止めろ」。それが効果を持つとはとても思えないが、二人は「抵抗」を続け、手紙の数は二百枚を超える。

 そしてついにゲシュタポが彼らに迫る。

 繰返し言えば、当時はヒトラーの絶頂期であり、大多数のドイツ国民は独裁者に熱狂した(ナチスは形の上では選挙によって選ばれた合法政権だった)。

 その時代にあって、市井の無名の夫婦が、こういう抵抗運動を行なっていたとは驚く。同時に、これしか抵抗の方法がなかったという冷厳な事実を思い知らされる。

 監督はスイス出身でフランス映画界で活躍する俳優のヴァンサン・ぺレーズ(「王妃マルゴ」など)。美男の人気俳優がこういう骨のある映画を作ったことに希望がある。

◆文/川本三郎

※SAPIO2017年7月号

関連記事(外部サイト)