カールが生まれた時代、酒の肴としても提案されていた

カールが生まれた時代、酒の肴としても提案されていた

販売中止で駆け込み人気の「カール」

 スナック菓子「カール」の東日本での販売が8月で終了する。同商品が販売されたのはいまから50年前、それは食の転換期でもあった。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が解説する。

 * * *
 1968年生まれのスナック菓子「カール」が8月中をめどに生産を大幅縮小し、東日本で終売になると製造元の明治が25日に発表してから一週間が経った。また1970年に発売が開始された同社の「ピックアップ」も8月で終売になる。転換点を迎えているのはスナック菓子なのか、それとも「食」自体がひとつの転機を迎えているのだろうか。この50年で「食」はどのように変化したのか振り返ってみたい。

 まず『日本の食文化史年表』(吉川弘文館)から約50年前、1966(昭和41)年~1968(昭和43)年頃のニュースをざっと振り返ってみると、この頃に現在の日本の食の基礎ができていることがわかる。

 1966(昭和41)年は、1月に東京の高島屋でお国自慢全国うまいもの駅弁大会が、2月には京王デパートにて全国駅弁大会が開催された。9月には低温輸送を可能にしたコールドチェーン制度の導入が開始され、科学技術庁が東京都内にて福島県産低温輸送のきゅうりを実験販売して人気になった。10月には江崎グリコがポッキーチョコレート(60円)を発売。その他、エスビー食品がゴールデンカレー、早川電気工業(現在のシャープ)が家庭用電子レンジ(19万8000円)を発売したのもこの年だった。

 翌1967(昭和42)年は3月に森永製菓が「チョコボール」、9月に「チョコフレーク」(50円)を発売する。4月には東大阪市にて廻る元禄寿司1号店開店、6月にハムやソーセージなどに原料肉の表示が義務化され、立ち食い・ながら食い・ドライブ食いなど食べ方の多様化がみられたのもこの年だったという。また大豆たんぱくを用いた人造肉の本格的な量産が開始されたが、普及はしなかったという。

 では「カール」が発売された1968年はどうか。まず2月に大塚食品工業がボンカレー、ボンシチューを発売。7月ににんべんが削りかつお節のフレッシュパックを発売する。同月、厚生省が牛乳・乳製品の製造年月日表記を義務化する。「カール」が発売されたのは8月19日。10月25日には衆議院物価対策特別委員会にて、大豆たんぱくを使用した人工肉試食会が開催され、ハンバーグやギョウザ、シュウマイなどにて提供されたという。

 いまから50年前は、日本の食様式が明らかに変化した時代だった。わが国における食品群別摂取量の年次推移を見ても、1965年から1970年の5年間は食生活が目に見えて変化した頃だった。魚介や卵類の摂取量は1割以上上がり、肉類、乳類に至っては約4割と驚異的な伸びを見せている。かたや「米・米加工品」の摂取量はは1割以上下がった。日本の食における一大転換期だったのだ。

 人口増にともない代用肉の開発が進み、食品の「インスタント化」「レトルト化」にも火がついた。内食一辺倒から駅弁も含めた中食へと道が開け、食べ方のスタイルも変化した。コールドチェーン(低温流通)の実現化にメドが立ち、直後に黎明期を迎える外食産業にとっての環境も整った。「カール」や「チョコボール」「チョコフレーク」などの「新しい菓子」類が生まれたのは、そんな頃だった。

 ちなみにこうした菓子類は、子どものおやつとしてだけ提案されていたわけではない。1971年の「カール」「ピックアップ」の新聞広告は紙面3分の2面を占拠。ほぼ原寸大と思われる両製品とビールの大瓶の写真が、「どういうわけか夫婦みたいです」「ツーと言えばカー、サクッと言えばゴクンと言う間柄」というコピーとともに掲載されていた。右肩上がりに消費を伸ばすアイテムに乗っかろうという発想は昔も今も同じらしい。

 それから50年近くが経ち、食や食まわりの栄枯盛衰も無数にあった。一時は1960年代の倍以上の消費量を誇ったビール消費は1994年をピークに漸減し、当時の数字に近づいている。そして「ピックアップ」はその歴史に幕を下ろし、「カール」も一区切りつけることになった。スナック界でも進む、世代交代。「50にして天命を知る」のは人間だけではないのかもしれない。

関連記事(外部サイト)