ちょいワルオヤジ生みの親が提言「安い服でもお洒落になれる」

ちょいワルオヤジ生みの親が提言「安い服でもお洒落になれる」

岸田一郎氏が説く「ちょういワルジジ」の極意とは

「定年後は好きなように生きたい」「まだまだ女性にモテたい」──そんな“枯れたくない男性”のための雑誌が誕生した。その名も『GG(ジジ)』。創刊したのは「ちょいワルオヤジ」の流行語を生んだ伝説の編集長・岸田一郎氏(66)だ。新雑誌のコンセプト「ちょいワルジジ」の極意とは──。

 岸田氏は若者向けファッション誌『Begin』を皮切りに、中年向け男性ファッション誌『LEON』、『MADURO』や女性ファッション誌『NIKITA』などを創刊し、「ちょいワルオヤジ」「艶男(アデオス)」「艶女(アデージョ)」といった流行語を次々と生み出した。

 そんな岸田氏が6月24日、50~60代を対象にした月刊誌『GG』を創刊する。『GG』とは、「ゴールデン・ジェネレーションズ(Golden Generations)」の略称だ。「シルバー世代のなかでも、ひときわ輝くゴールドな世代」と、「ジジイ(ジジ)」を掛け合わせた意味が込められているという。

「金は遺すな、自分で使え」というテーマで、“ちょいワルジジ”になるためのファッションや車、バイク、旅行、アンチエイジングなどを特集していくという。

 今回、ひと足早く“ちょいワルジジ”への近道を岸田氏が指南する。

岸田:50~60代はまだ心身ともに元気。バブルを経験した世代なので、モノやヒトに対する興味はいまだに旺盛です。いくら貯めこんでもあの世にカネは持っていけないし、相続税でドッサリ国に持っていかれるのが関の山。ならば自分が生きている間に好きなことに全部使ってしまった方がいい。ケチケチせずに自分に投資すれば、年を取っても女性が寄ってくるようになります。

〈つまり、本誌・週刊ポストが提唱する「死ぬまで現役」を体現できるということだ〉

岸田:“投資”というと、金がかかるイメージですが、そんなにお金をかけなくても「ちょいワルジジ」にはなれるんです。

 病気をしたときのための治療費や、自分の葬儀のときの費用を気にしてやりたいことを我慢しながら老後を過ごしていたのでは、「精神的下流老人」に成り下がってしまう。それではもったいない。

〈岸田氏は、「まず手をつけるべきは外見」だと語る〉

岸田:女性は初対面では、とかく「外見」を気にします。しかし逆にいえば、服装を気にするだけで雰囲気をガラリと変えることができる。

 ここで注意すべきポイントは、「高級ブランド品なら格好良くなれる」のではないということ。『GG』では高級な時計や服も紹介しますが、一番大切なのはサイズ感です。年を取るとダボッとした服を着がちですが、体に合ったサイズの服を着ましょう。それだけでグッとお洒落な印象になります。

 最近は、数千円で体型に合わせて服をリフォームしてくれるお店が増えている。ファストファッションブランドやセールで買った洋服でも、丈をつめたり、サイズを少しタイトにしてもらうだけで格好良く見えるようになるんです。

 ちなみに、いま僕が穿いているショートパンツは6万円くらいですが、白いシャツは800円。それでもキマっているでしょ?

 たとえば時計や靴だけを高級品にしたりする“一点豪華主義”でいいんです。スカーフを首に巻くなど、小物をアクセントに活用するのもコツです。安い服で全身をまとめても、一気に締まって見えるようになる。

〈ファッションを変えて見た目に自信を持てるようになったら、次に極めるべきは趣味だという〉

岸田:僕のように“ヨコシマ”な気持ちを動機に(笑い)ピアノを習って「ピアジジ」になるのもいいでしょう。

「旅が趣味」という人へ向けて『GG』では「クルーズ旅行」を特集するつもりですが、クルーズ旅は費用がかかる。金がないというなら、ロードバイクやミニベロ(小径自転車)のような“おしゃれ自転車”で旅をする「チャリジジ」になってもいい。

「ドライブが趣味」という人には、“ちょい古車”をオススメします。新車は、街で同じ車種に乗っている人がたくさんいるので、自分のセンスを反映しにくくなる。でも、1970年代のフォルクスワーゲン・ビートルなら50万円で手に入る上、他人と差別化ができ、個性的でお洒落ですよね。女性ウケもいいんですよ。

※週刊ポスト2017年6月16日号

関連記事(外部サイト)