中国という巨大な監獄から脱出した盲目の人権活動家の半生

【書評】『不屈──盲目の人権活動家 陳光誠の闘い』/陳光誠著・河野純治訳/白水社/本体2400円+税

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)

 盲目でありながら、たった一人で、頭の中の地図と感覚だけを頼りに、当局の厳しい監視下にある自宅を脱出するシーンからこのドキュメントは始まる。名手の撮った映画のような迫真の描写に、冒頭からぐいぐいと引き込まれた。

 本書は、障害者、農民、女性らの人権のために当局に対して果敢に法廷闘争を挑み、激しい弾圧を受け、2012年、アメリカに脱出した中国の人権活動家・陳光誠の壮絶な半生を綴った自伝である。ここまで劇的な物語は現代の日本人には考えられない。

 陳は1971年、山東省の小さな貧しい農村に生まれた。幼少期に病気のために失明し、学校教育を受けたのは18歳で盲学校に入ったときが最初。通常の教育を受けなかったおかげで共産党に洗脳されずにすんだ、と書く。

 その盲学校時代、政府のプロパガンダとは裏腹に現場では障害者の権利が保護されず、障害者支援のための資金が公的組織に横取りされていることに気付く。政府に陳情するが効果はなく、問題を解決するには法的手段に訴えるしかないと考え、独学で法律を学び始める。陳は故郷の村の製紙工場による水質汚染問題を手掛け、改善を勝ち取るが、ここから当局による弾圧が始まった。そのとき陳は共産党の非人間性と腐敗を確信し、心に誓うのだ。

〈私は絶対に屈しない〉

 陳は次々と集団訴訟を手掛けていく。暴力的、強制的に行われていた障害者への不法な税金の取り立てや、一人っ子政策のもと、これまた暴力的、強制的に行われていた人工中絶や不妊手術をやめさせるために。

 ちなみに、人工中絶の方法がおぞましい。妊娠後期の胎児の頭に毒物を注入し、それでも生まれてしまった場合は医師や看護師が首を絞めたり、水に沈めたりしたというのだ。「毒の入った瓶が必要なら、われわれはそれを提供しよう。縄が必要なら、それも用意できる」。当時の当局のスローガンだ。

 陳本人や家族、親族らに対する弾圧は苛烈を極めた。連行し、拘束し、尋問し、拷問し、家に帰しても軟禁し、監禁する……。結局、陳は2006年に「交通妨害」と「公共物損壊」という、逮捕のために考えられた罪状で逮捕され、裁判にかけられ、懲役4年3か月の実刑判決を下された。

 釈放されたのは2010年9月。だが、故郷の村に帰った陳を待っていたのは軟禁という名の監禁、強力な監視だった。自宅から出ることも、客を迎えることも、外部と連絡を取ることも、新聞・テレビ・ネットに接することも、まったく許されなかった。〈中国という監獄の塀の外にはけっして逃れられないように思われた〉。

 しかしそれでも陳は諦めず、1年以上に及んで周到に準備し、2012年4月のある日、家からの脱出を決行し、隣村まで逃れ、協力者の支援を得て、〈中国全体で唯一の安全な場所〉である北京のアメリカ大使館に保護される。そして、アメリカと中国のタフな交渉の末、家族と共にアメリカに渡る。

 いかに経済が発展しようが、中国の政治的暗黒は変わっていないことに慄然とすると同時に、ただの一度も絶望せず、転向せず、未来への希望を失わなかった陳の強靱な精神力に感嘆する。つい忘れてしまうが、そうだ、彼はそもそも盲目というハンデを背負っているのだと思い出し、なおいっそう脱帽する。今の中国というものにかろうじて敬意を抱くとすれば、陳のような存在があってこそだ。

※SAPIO2017年7月号

関連記事(外部サイト)