質の良い睡眠 バラの香りをかぎながら寝ると頭がよくなる?

質の良い睡眠 バラの香りをかぎながら寝ると頭がよくなる?

バラの香りは脳を活性化する

 肥満体形の人に多いのが、睡眠時無呼吸症候群。本人は寝ているつもりでも、脳と体は断続的に覚醒しているのだ。『脳には妙なクセがある』(扶桑社新書)などの著書がある、東京大学薬学部教授の池谷裕二さんが解説する。

「そういった人の大脳皮質を調べてみると、本来は深い眠りにあるとき脳全体に起きるべき徐波睡眠が、あちこちパッチワーク状に部分的に起きているんです。これはある意味異常事態です。徹夜して昼間仕事をしている人の脳にも同じ状態が起きていることがわかっています。

 マグロやイルカと同じです。ずっと泳いでいないとダメなんだけど、どうやって寝るかといえば、右脳と左脳を半分ずつ休ませる。これの応用版みたいなものでしょうか。眠りが浅いとは、一応は寝ているのですが覚醒している部分がある不完全な睡眠です。だから昼間もぼ~っとするし、仕事の効率も悪くなる。そういう意味でも睡眠の質って、とっても重要なんですよ」

 ではどうしたら質のいい睡眠をしっかりとれるのか? 日本初の睡眠障害専門外来を開設した睡眠障害のエキスパートである久留米大学医学部神経精神医学講座の内村直尚教授は、「まずは平日と土日の睡眠時間を一定にすること」とズバリ。

「休日の寝だめは意味がありません。睡眠は貯金ができないのです。いつも一定の時間に起きて寝るという一定の睡眠リズムを作り、昼間は太陽の光を浴び、体を動かすこと。これは非常に大切なことで、人間の睡眠は体温のリズムと密接に関係していて、いちばん体温が高くなるのが夜の7時くらいで、いちばん低くなるのが朝の5時頃。この差が大きいほど、深く眠れます。昼間の運動は最高体温を上げるので、よりよい睡眠につながるというわけです。

 年を取ると、最低体温が上がって、最高体温が下がるので、眠れなくなる。だから無理なく運動するのがいい。夜寝る前は、逆に脳が覚醒するのでダメです」

 夜寝る前に、スマホ、パソコン、テレビ、ゲームをすると交感神経を刺激するのでNG。前出・池谷さんは、30分の昼寝をおすすめする。

「30分以上になると、熟睡モードになってしまうので、脳が時差ボケを起こすからダメ。でも30分程度ならば、できれば暗くて音のない部屋で、できる限りの五感を遮断すると、睡眠とほぼ同じ効果を得ることができます。部分睡眠は本人の意識では睡眠をとっているのに対して、この感覚遮断は、本人の意識は寝てないのに、脳は寝ているんです」

 腸の環境を整えましょう──と言うのは、やせるおかずの作りおきレシピ本『やせおか』シリーズが大ヒットしている柳澤英子さん(57才)。

「腸は第二の脳といわれ、幸せ物質の『セロトニン』も分泌されたり、糖質を摂りすぎると眠くなったりするのもそのせいだそうです。腸が健康だと骨も丈夫になるといいますし、出来合いのものではなく、おいしくて栄養のあるものをバランスよく食べたほうがよく眠れます。私は、もともとショートスリーパーだったんですが、今では4時間連続でぐっすり眠れるようになりました」

 ちなみに記憶力をアップする方法もある。ドイツのリューベック大学のボルン博士らが発表した論文について、前出・池谷さんが教えてくれた。

「被験者に神経衰弱によく似たゲームのテストで、バラの香りをかぎながら暗記してもらい、その後、デルタ波が出ている深い睡眠中に、バラの香りをかいでもらったんです。すると翌朝のテストの点数が、かがなかったときの平均86点から、平均97点に跳ね上がったというのです。嗅覚は、視覚や味覚などの感覚情報とは違って、直接大脳皮質に届き、海馬を活性化することができるのですが、この結果は睡眠中のにおいの刺激が、記憶を強化したことを示しています」

※女性セブン2017年6月29日・7月6日号

関連記事(外部サイト)