欽ちゃん直伝!「マヌケ」な自分を認めれば人生は好転する

欽ちゃん直伝!「マヌケ」な自分を認めれば人生は好転する

欽ちゃんの至言に耳を傾けてみよう(撮影/榊智朗)

 世の中はどんどん不寛容な方向に動いている。このままでいいのか、と感じている人も少なくないのではないか。コラムニストの石原壮一郎氏が指摘する。

 * * *
 人生は、なかなか思った通りにはいきません。仕事でミスをして部下に白い目で見られたり、たまに勇気を出して家族に話しかけたら冷たく流されたり、立ち飲み屋でチューハイを頼んだのにレモンハイが出てきたり……。だからと言って、やるせなさを溜め込みすぎると、周囲や世の中に怒ってばっかりの困ったおっさんになってしまいます。

 そんなときは「おっと、マヌケなことやっちゃった」「あらら、マヌケなことになっちゃった」と呟いて苦笑いすれば、それで大丈夫。自分を責めて落ち込んだり、誰かに怒りを覚えたりする必要はまったくありません。

〈たいていの失敗は「マヌケだね」で済んじゃう。たいていの悩みも「マヌケだね」で片づいちゃう〉

 これは萩本欽一さんの最新刊『マヌケのすすめ』(ダイヤモンド社)にある言葉。笑いで私たちを救ってくれている欽ちゃんが、今度は「マヌケ」で私たちを救ってくれる本を出しました。何を隠そう、不詳石原、ほんの少しお手伝いしています。

 子どもの頃からの憧れの存在である欽ちゃんが、目の前で「マヌケ」についての持論を展開し、二郎さんや清六さんやパジャマ党のマヌケな秘話を語ってくれている──。そのこと自体も、欽ちゃん直伝でマヌケの素晴らしさを学べたのも、とても幸せな体験でした。

 今の世の中や今の私たちにもっとも足りていないのは、たぶん「マヌケ」です。常に鵜の目鷹の目で誰かの失言や落ち度を探し、標的を見つけると罵詈雑言を投げつける。自分が標的になるのが怖いから、表面を必死で取り繕い、さりげなく他人を批判して矛先をかわす。もしかしたらあなたも、無意識のうちにそんな毎日を送ってはいないでしょうか。あらためて考えると、じつに不毛で極めてくだらない構図です。

 それもこれも「マヌケだと思われてはいけない」「マヌケなことをしてはいけない」と思い込んでいる人が多いから。誰しも本当はマヌケなのに、みんなそれを無理に隠そうとするせいで、世の中はどんどん世知辛くなり、寛容さが失われ、仕事も人間関係も窮屈になっています。

 このままでは夢も希望もありません。世の中をひっくり返すのは容易ではありませんが、とりあえず自分をひっくり返せば、似たような効果があるはず。ここは欽ちゃんがすすめてくれている「マヌケ」の力にすがりましょう。まずは「しょせん自分はマヌケな人間なんだ」と認めることが、人生を好転させる第一歩。

 その上で、せっかくのマヌケを生かすには、いくつかのコツがあります。本にある欽ちゃんの言葉から、運や幸せを引き寄せる「いいマヌケ」になるコツを探ってみましょう。

〈最初から「マヌケな社員」を目指せば、ちょっとぐらいうまくいかなくても、深刻に悩まずに済みそう。もちろん仕事は真剣に取り組んでほしいけど、同期に競争心を燃やしたり、上司の顔色を伺ったりする必要はない〉

〈(運だけで「視聴率100%男」になれたぼくとしては)「マヌケであればあるほど運がたまる」ってことを知ってほしいね。(中略)どっちを選ぶか迷ったときは、損しそうなほうを選ぶ。マヌケの神様はちゃんと見ていてくれます〉

〈最近はインターネットやSNSで、他人の批判や悪口に精を出している人が多いみたいだけど、あれは間違いなく運を遠ざけている。悪口を書き込んでいる自分の姿を鏡に映して、こんなヤツに運の神様が寄り付くかどうか、考えてみたほうがいいよね〉

 欽ちゃんの60年にわたるコメディアン人生は、自分のマヌケさや周囲のマヌケな人たちに支えられてきました。「いわば『マヌケ100%男』の人生の集大成」だというこの本には、おっさん世代にはたまらない「あの番組の裏側ではそんなことが!」「あの人にはそんな一面が!」という胸踊る話も満ち満ちています。

 自分や世の中に日々不満タラタラな人や、さっきからマヌケという言葉がたくさん出てきて何となく不愉快になっている人や、この記事に限らずとにかく屁理屈でケチを付けることでドヤ顔している人に、とくにおすすめ。今見えているねずみ色の景色が、一気に晴れわたった景色に変わることでしょう。

関連記事(外部サイト)