わき汗をケアする男性増加中 わき毛処理に制汗剤も

わき汗をケアする男性増加中 男性もわき毛を剃ったり量を減らして整える傾向 

記事まとめ

  • 最近は女性だけでなく男性もわき毛を剃ったり、量を減らして整える傾向が出てきている
  • 家電メーカーの調査では、男性のわき毛は少し生えているくらいに整えるのが人気という
  • 最近の制汗剤はわき毛があっても地肌に届く工夫をしており汗腺をふさぎ汗を止るものも

わき汗をケアする男性増加中 わき毛処理に制汗剤も

わき汗をケアする男性増加中 わき毛処理に制汗剤も

わき汗とニオイ対策にわき毛処理が男性にも広がる

 薄着の季節が近づくと、むだ毛の手入れが本格化する。とくに「わき」は、汗とニオイを抑えるため、丁寧に手入れするほうがよいと言われている。最近は、女性だけでなく男性もわき毛を剃ったり、量を減らして整える傾向が出てきた。わき毛の手入れは、本当に汗とニオイの対策になるのか。

「わき毛の量と、ニオイには関連性があります」と、わきが体臭・多汗専門医として知られる五味クリニックの五味常明院長は指摘する。

「わきには汗腺、とくにニオイが強くなる汗を出すアポクリン腺が集中してあります。そこから出た汗はわき毛によって濃度が高まります。そして、エクリン腺からの汗と混ざり、毛を伝って拡散されます。さらに、皮膚の上にある常在菌と混ざることでもニオイを強めます。わき毛が濃いほどニオイの濃縮と拡散の力が強くなるので、わき毛を剃ったり、短くすることは、ニオイ対策として意味があります」

 人間の汗はエクリン腺とアポクリン腺、2種類の汗腺から出てくる。エクリン腺から出る汗は水っぽくさらさらしているが、アポクリン腺からの汗は皮脂や細菌などと混ざることによって、独特のニオイを作り出す。わきから出る汗はアポクリン腺由来が多いため、強いニオイを発生させやすい。そう考えると、ニオイに敏感な現代で、わきやわき毛の手入れをするのは、当然のようにも思われる。

 とはいえ、わき毛を整えたり、わきから出る汗やニオイに注意を払ってケアしてきたのはもっぱら女性で、男性ではなかった。ところが最近では、男性にもわきの汗やニオイを気にする人が増えている影響だろうか、家電メーカーの調査によれば、男性のわき毛は、少し生えているくらいに整えるのが人気だそうだ。

「10年くらい前から、わきの汗やニオイを気にする男性が増えています。汗とニオイを防ぐためなら、わき毛を剃ってしまうのがもっとも効果が高い。でも、そこまでしている男性はさすがにまだ少ないですね。それでも、わきの汗やニオイへの関心の高まりを考えると、今後は、わき毛を剃る男性が増える傾向は強まるでしょう」(前出・五味院長)

 わきの汗やニオイに対する男性の関心の高まりを反映して、わき毛の量を減らすだけでなく、わきに直接、塗り込むタイプの制汗剤が増えている。今年になって新発売された商品だけでも「Men’s Biore 薬用デオドラントZ」(花王)、「ギャツビー スポットデオドラントロールオン」(マンダム)、「Agデオ24メン デオドラントスティック」(資生堂)、「Ban汗ブロックスティック プレミアムラベル」(ライオン)、「デオナチュレ 男すっきりジェルバー」(シービック)など数多い。いずれも、男性のわきに直接、塗ることによって汗とニオイをコントロールできることをうたっている。わき毛があっても、きちんと届くことを強調したものも多い。

 各社の最新技術をこらした男性わき用の制汗剤は、汗やニオイに対し高い効果を得やすい。しかし、全身の汗をどうにかしたいと他の部位に使うのは慎重になってほしいと前出の五味院長はいう。

「最近の制汗剤は、わき毛があっても地肌に届く工夫がされており、汗腺をふさいで汗を止めるものもあります。わき汗は緊張や不安からくる精神的発汗によるものが多いので、制汗剤が部位にきちんと届いて汗が止まる安心感は、効果を高めていると思います。ただし、わき以外の場所にこれらを使うと、体温が上がるのを防ぐための温熱性発汗を止めてしまい、熱中症を引き起こす可能性があります。わき以外には、汗を出させないタイプの制汗剤をまんべんなく塗るのは避けてください」

 汗とニオイ対策にと、ボディペーパーで身体を拭く男性は珍しくなくなった。日焼け止めを塗る男性も、制汗剤を使う男性も普通の存在になった。次は、男もわき毛の手入れを怠らない時代が、遠からず来るのかもしれない。

関連記事(外部サイト)