処方箋なくても「病院で出す薬」買える薬局の使い勝手

処方箋なくても「病院で出す薬」買える薬局の使い勝手

“いつもの薬”をもらうために病院で待つ必要もなくなる

「痛み止めのロキソニンから、感冒薬(風邪薬)、アレルギー薬、ステロイド薬、胃腸薬、ビタミン薬、脱毛症などの『医療用医薬品』を処方箋なしで買っていただけます。病院で処方してもらった薬がなくなったけれど、多忙で病院に行けない人などのニーズに応えたい」

 そう話すのは、昨年8月にオープンした薬局「池袋セルフメディケーション」の長澤育弘代表だ。同薬局では入り口上部の看板に〈処方箋なしで医薬品購入〉と掲げる。基本的には病院で診察を受けないと手に入らない「医療用医薬品」を買うことができる。

 東京・池袋駅東口から歩いて5分ほど、古びた小さなビルの1階に店舗がある。ドアを開けるとカウンターがあり、向こう側に薬剤師である長澤氏が座っている。奥にはガラス張りのスペースがあり、薬棚が設置されている。見た目は小さな調剤薬局と変わらない。

 店を訪れた客は、買い求める医薬品名を長澤氏に告げる。使用歴などを聞かれた上で、副作用の説明を受け、問題がなければ、奥の棚から薬が取り出され、購入となる。スムーズに進めば、この間、約10~15分程度だ。

「基本的には患者さんが使ったことのある薬、過去に処方箋を出してもらったことのある薬を売ります。添付文書を提示して注意事項を確認してもらい、口頭で説明してから渡しています。購入者に副作用が生じないように、特に注意しています。これまで副作用の問題が起きたという報告はありません」(長澤氏)

 医薬品は大きく分けて2種類ある。「医療用医薬品」と、ドラッグストアなどで購入できる「一般用医薬品」、いわゆる市販薬だ。医療用医薬品は病院を受診して医師に処方箋を出してもらい、調剤薬局で買うものと認識されている。市販薬に比べて効能が高いが、その分副作用リスクもある。それゆえ医師の診断が必要──というのが一般的な理解だ。

 しかし、実は医療用医薬品には処方箋が必須の薬と、そうではないものがある。

 薬の添付文書をよく見ると、そのことがわかる。例えば血が固まるのを抑える抗凝血薬「ワルファリン錠」の場合、規制区分に「処方箋医薬品」と書かれている。一方、風邪薬として処方される「PL配合顆粒」は医療用医薬品であるものの、規制区分には「処方箋医薬品以外の医薬品」と書かれている。こうした薬は、処方箋なしでも買うことが認められているのだ。

 現在、厚労省が認可している医療用医薬品の品目は1万8000種類ほど。その半数近い7000種類は処方箋が必須ではない医薬品だ。池袋セルフメディケーションで取り扱っているのは約300品目。店頭在庫としては常時約100品目以上を置いている。同店で買える主な医療用医薬品は別掲のリストに示した通りである。

“いつもの薬”をもらいたいだけなのに、病院で長時間待たされ、いざ診察となるとすぐに終わる──そんな体験のある人には、魅力的な選択肢に映るだろう。確認できた限りで全国にこうした「病院の薬」が買える薬局は6店。北海道で営業する「かすみ園薬局」の薬剤師・佐藤州広氏がいう。

「薬が欲しい時にすぐ手に入れられる薬局があれば早期に治療ができる。患者にとってメリットのある店舗にしたいと考えて始めた。なんとなく体の不調を訴えて来店した人など、病院の診察が必要そうな人には診察を受けてもらうなど、注意しながら運営しています」

 高血圧や糖尿病の治療薬、向精神薬、抗生物質、ED治療薬などは「処方箋医薬品」にあたるので販売品目に含まれない。ただ、こうした業態の薬局が複数登場してきた背景には、利用者が既存の医療機関・調剤薬局に対して抱く“不信”があるのではないか。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏が解説する。

「病院や調剤薬局で、かたちばかりに思える短時間の診察や説明を受けることに対して、“意味なんてないんじゃないか”という感覚が消費者側に生まれているのだと思います。消費者だって“受診せずに薬を買っても大丈夫だろうか”という不安があれば、病院に行きます。そうした消費者の感覚に応える薬局が出てきたということでしょう」

※週刊ポスト2017年6月30日号

関連記事(外部サイト)