英語大好き夫 「カレーでいい?」「アグリー!」で妻唖然

英語大好き夫 「カレーでいい?」「アグリー!」で妻唖然

きみまろの元に寄せられた夫婦エピソードを紹介

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せてきたのは、ご主人(53歳)が建設会社勤務の奥様(53歳)。ご主人はカタカナ英語を使いたがります。

 * * *
「オレは学生時代、アメリカに留学していたから、自然に英語が出てしまうんだよ」と主人。でも、私は毎日イライラの連続です。

 例えば、晩ごはんを作っていると、主人が急に「ASAPで!」。え?「AS SOON AS POSSIBLE」の頭文字を取っているらしいんですが、「できるだけ急いで」と日本語でいえばいいと思うんです。

 ほかにも、会社の人との電話をわざわざ私の前でして、「今度のプロジェクトにアサインされたから、今のステータス、アップデートしてシェアしてくれないか?」。うるさいわよ!

 車でアウトレットに向かう途中、ラジオから昔の曲が。「なんて曲だっけ? ほら、私たちが学生時代にレコ大を受賞した……」と聞くと、「ごめん、オレ、あんまり日本の曲って聴かないんだよね」。ムカつく!

 そんな主人ですが、街で外国人に道を聞かれても、英語で対応できないんです。「久しぶりだと言葉が出てこないんだよ」と言い訳する主人。「もしや、留学なんてウソなんじゃ……」と思い、お義母さんにこっそり聞いてみました。「留学したのは本当だけど、日本人家族の家にホームステイして、日本人の友達としか遊ばなかったそうよ」。それって留学の意味あるの?

 でも、本人を責めるのはかわいそうな気がして黙っておくことにしたんですが、「今夜、カレーでいい?」と聞くと、「それ、アグリー!」。シャラップ! 私が黙るんじゃなく、あんたが黙りなさい!

※週刊ポスト2017年7月7日号

関連記事(外部サイト)