尻叩く、正座させる…法改正で許されなくなる5つの「体罰」

尻叩く、正座させる…法改正で許されなくなる5つの「体罰」

こんなしつけはNG!(イラスト/たばやん)

 今年4月に「改正児童虐待防止法」と「改正児童福祉法」が施行され、体に苦痛や不快感を与える罰は、たとえ、しつけのためでも禁止となる。

 子供をきちんとしつけるためなら体罰もやむを得ないという“しつけ”は、間違ったものとして法律で規制される対象となるのだ。実際に体罰を行い、通告されれば、児童相談所や、場合によっては警察が介入することもある。

 たとえば、以下のような罰も“愛のムチ”として許されなくなるのだ。

□他人のものをとったので、お尻を叩いた

□宿題をしなかったので、夕ご飯を与えなかった

□言葉で3回注意したけど言うことを聞かないので、頬を叩いた

□大切なものにいたずらをしたので、長時間正座をさせた

□友達を殴ってけがをさせたので、同じように子供を殴った

※女性セブン2020年3月5日号

関連記事(外部サイト)