日本人男性600万人が潜在的に更年期障害 42歳、50歳、60〜65歳前後にピーク

記事まとめ

  • 日本人男性のうち約600万人が潜在的に更年期障害になっていると考えられるという
  • 男性更年期には3回のピークがあり、42歳、50歳、60〜65歳前後だという
  • 「朝勃ちしなくなった」「緊張したり、夜中になると尿意をもよおす」などの特徴

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております