女の機嫌の直し方 問題解決を目指すよりまず共感の言葉を

女の機嫌の直し方 問題解決を目指すよりまず共感の言葉を

“女の機嫌の直し方”を解く、人工知能研究者の黒川伊保子さん

 妻や娘、恋人、あるいは女性の部下や上司の突然の“不機嫌”に戸惑ったことはないだろうか? 些細なことにキレる、謝った過去の非を蒸し返して責める──思いがけないところで女性の機嫌を損ねてしまう男性は多い。なぜ男性は地雷を踏むのか。その謎は脳科学でいとも簡単に紐解けると、『女の機嫌の直し方』(集英社)の著者で人工知能研究者、脳科学コメンテーターの黒川伊保子さんは語る。

 男性脳と女性脳は「回路構成」と「信号特性」が違い、その女性脳という“装置”を理解すれば自在に対応できるという。なぜ男性は女性の機嫌を損ねてしまうのか、黒川さんに聞いた。【全2回・前編】

◆知っておきたい脳の使い方の違い

 男性脳と女性脳は、その使い方が大きく異なる。ときに女性脳に近い脳を持つ男性がいればその逆もあるが、ここでは基本的な脳の性差のみに絞り、大きく3つのポイントを挙げて解説する。

 1つは対話スタイルの違い。話の流れが真逆で、女性は事の発端から時系列で話したがるのに対し、男性は最初に目的や結論を知りたがる。そして感性が真逆でもある。女性脳の対話エンジンは「プロセス指向共感型」なのに対し、男性は「ゴール指向問題解決型」なのだ。

「女性は経緯を話しながら、そこに潜む真実を探る演算を無意識に行っているので、話の腰を折られては、演算が中断されて無に帰してしまうのです。このため、不快感が絶頂に達し、“話を聞いてくれない”と責められることになるのです。男性は“女は最初から答えは決まってるんだよね”なんて言いますが、結論が決まっているわけではなく、話しながら、答えが見つかっていく特性を持つのです。

 一方、男性は一般的に問題解決のために対話をします。優秀な脳ほど、素早く問題を解決しようとする“省エネ型”なのです。また、女性のストレス信号は共感で一掃されるため、共感によって上手に話を聞いてもらうと、思考の質も上がって話し終える頃にはきっぱりと結論が出るのです。ですから話の腰を折って問題解決しないこと、そして共感が大事なのです。公平性を重視し、何かを特別視しないのが男性脳ですが、女性脳の共感型対話エンジンに客観性発言は嫌われるので注意しましょう」(黒川さん、以下「」内同)

 2つ目は視点の運び方(ビューセンサー)の違い。男性は遠くを広く見る俯瞰的な視点を持つのに対し、女性は近くを仔細に観察する近視眼的な視点を持つ。

 男性は脳の前部から後部にかけて縦に深く使い、小脳が著しく活性化するため、空間認知力が高い。遠くから飛んでくるものに対し、身をかわしたり捕まえたり身体制御することに長けるが、女性のように身近な大切なものに終始心を向けることが難しい。

「女性にとっては、遠くに意識を向ける男性が“注意力散漫。私に集中していない”“愛が足りない”と映ってしまうのです。また、種の保存のために自己保存の本能を持つ女性は、男性が持つ、妻や恋人をも特別視しない公平性に“私を大事にしない”“味方をしてくれない”と腹立たしさを感じるのです」

 3つ目は右左脳連携の違い。女性脳は右左脳連携信号(横の信号)を頻繁に使う。「感じる領域」の右脳と、「言葉を紡ぐ領域」である左脳の連携が非常によいため、察する天才であり、状況の変化に応じて動ける臨機応変力を持つ。

「半径3m以内で家事、育児とタスクが多重に重なりあう“家庭”も、男性脳にとって認知しにくい空間です。男性は、女性が無意識に認知している3分の1しか認知していないので、女性と同じ量のタスクをこなそうとすると3倍のストレスにさらされることを女性の側は知っておきたいですね。

 逆に男性に知っておいてほしいことがあります。体内で命を育む哺乳類のメスは自らが健康で快適な状態でないと子孫が残せませんから、自己保全のための我の強さは最も大切な本能のひとつ。男性の何十倍も体調に敏感で、女性が自分の“快”を優先して、寒い暑いと騒ぎ、おなかがすいたら不機嫌に、足が痛ければ歩けないのも、わがままなのではなく“自分の快適さ”への責任が男性より重いからなのです」

◆男が女の機嫌を損ねるわけ

「なんでわかってくれないの?」「仕事と私どっちが大事なの?」など、女性の機嫌の損ね方には類型があるという。

「相手にわかりやすいように不機嫌を見せているため、バリエーションは少ないですが、男性からすると、なぜ不機嫌かわからないっていうことが起こりますよね。そのきっかけとなる事象は千差万別ですが、要は、男性と女性では脳の動きが違うので、女性脳という装置の操作に失敗したということです。男性も女性も自分の脳と同じように操作しようとするから失敗し、お互いに理解ができないんです」

 女性が不機嫌になる理由はさまざまあっても、解消する方法はひとつ。それは「共感すること」だという。

「簡単に言えば、女性脳にとって“共感”という行為は大事な入力情報で、共感によって脳の機能スイッチをオン・オフすることができるんです。共感によって話を進めてもらえば、何が真実かという演算が円滑に動くし、不安を口にしたときに共感してもらえれば、不安によって起こった余剰なストレス信号がオフにできる。要は“共感すること”が肝なんです」

◆優秀な男性脳ほど機嫌を損ねる

「男性が素早く問題を指摘することは最大の誠意なのですが、女性は共感してほしくて話すので、指摘されると拒絶された気がするんです。そこに溝がありますよね。しかも、優秀な男性脳ほど問題解決力が高いので、瞬殺です。共感して欲しくて“今日、会社でね…”と口にしたのに、3秒で問題解決してくれるので、最も女心がわからない男子に見えちゃいますね。問題解決力のない男子は、長時間グズグズと話を聞いてくれるの。そうすると、“この人は私のことをわかってくれる”と大きな勘違いが生まれるんです。決断力がなくてものごとから逃げるタイプの男ほど、“話を聞いてくれる”“優しい”とモテていますよね」

 モテたいなら、共感力を高めるのがポイント。でも優秀な男性は共感ができない…そのギャップは、どう埋めたらいいのだろうか。

「共感している演技をしてあげたらいいんです。共感して女性脳のスイッチをポチッと切ればいいだけの簡単なことなんですが、男性は正義感がありすぎてできないんです。つまり、共感したらそれが正義だと認めないといけないと思い込んでいる。たとえば妻が隣の奥さんとゴミの出し方でもめたとします。自分の妻が100%悪かったとき、男性は“君の気持ちは分かるよ”とは言えないんですね。でも女同士は、まず共感します。“その気持ちわかるよ~。でもそれはだめだよ”というふうに、“分かるけどだめ”はOKなんです。でも男性は客観的な評価で物を見て、脳の中では妻が悪いという軍配が上がっているので、そもそも気持ちはわからない。なので、意識して共感してあげればいいんです。大人の男は演技力ですよ。

 言葉は相手の脳のスイッチを入れたり切ったりするために使うものだから、自分の感情を吐露してもしょうがない。自分の大切な女房や大切な部下のために、言葉を使ってあげたらいいんです。そうしたらへたに怒らせず、落ち込ませず、コミュニケーションもとりやすくなりますから。何より彼女の脳が有効に動くので合理的です。さらに自分にとって合理的なのは、話が最短で済むことです。“だってお前が悪いだろ”って言ったら最短で済むと思ったら大間違い。その後ごねるに決まっています。共感の言葉をかけてあげたら、女性は“でもルール違反なんだ”って自分で反省しますから。仕組みを知ると、腹も立たず、正義感にも負けずに共感できるようになりますよ」

関連記事(外部サイト)