女が何度も過去を蒸し返してなじるわけ 女性脳の特性を解説

女が何度も過去を蒸し返してなじるわけ 女性脳の特性を解説

女性はなぜ過去を蒸し返すのか? 人工知能研究者の黒川さんが語る

 2分に1組のペースで離婚が成立している日本。司法統計年報(2013年)によると離婚申し立ての7割が妻からで、その最大の理由は「夫が自分の気持ちを理解しないこと」だという。男女はなぜ理解し合えないのか? そのカギは脳にあった。『女の機嫌の直し方』(集英社)の著者で人工知能研究者、脳科学コメンテーターの黒川伊保子さんは、脳は男女で使い方が違い、女性脳という“装置”を理解すれば自在だと語る。後編では、女性脳の特性と機嫌の直し方について聞いた。【全2回・後編】

◆女性脳という装置の仕組み

 女性脳が持つ強みのひとつに「臨機応変力」がある。子を育てる性にある女性が、急な出来事にとっさに賢く動けるのはこの能力によるものだが、実は男性が悩まされる“過去の蒸し返し”もここから生まれているという。女性脳には、一部の体験記憶が「心の動き」と紐づいて格納されおり、「心の動き」を引きがねに、「過去の関連記憶」を瞬時に芋づる式に出すことができるからだ。

「脳のデータベースの中に、普通の記憶は時系列で折り重なっていきます。たとえば50年前の喧嘩のセリフは下層にあるので、よっぽど思い起こさないと思い出せないものですが、女性は心の動きと紐づいている記憶を、時系列関係なく瞬時に出すことができるんです。もちろん消えていく記憶もあり、13才以前の記憶ほど鮮烈に出やすいなどの違いもありますが、夫にむかつく度に、むかつく記憶は引き出されるのです」(黒川さん、以下「」内同)

 この“過去の失態蒸し返しループ”を断ち切るには、謝るタイミングが重要だという。

「母は、お産のときに父が体調を慮ってくれなかったことを30年間言い続けましたが、それが消えたのは私のお産のときです。私が苦しむ姿を見た父が、“お産ってこんなに大変だったのか、あのときもっとお前の傍にいてあげたらよかった”と母にしみじみと言ったんです。母はほろりと涙を流し、以後二度と蒸し返しませんでした。女性がむかついたときに謝っている分にはいつまでも消せないので、幸せなときにしみじみと謝るのがコツです」

◆不機嫌を防ぐには

 女性たちの機嫌を損ねないためには、恋人関係や家庭、職場、どの場面においても、相手の気持ちを受け止めることが最大にして唯一だと黒川さんはいう。

「職場に関しては、男性の素早い問題解決能力が活かされるので、男性が共感力を必要としていないことを女性側も知っておくべきですね。一方で、男性は女性からの提案に対し、“これがダメ”と問題点の指摘のみで返すことは避けてほしいです。脳が共感で動く女性のモチベーションは、確実に下がります。それが3回以上あると、女性は二度とその上司に提案しなくなります。それではお互いに損ですよね。女性は気持ちやプロセスを受け止めた上でのだめ出しなら、すっきり受け入れられることをわかってほしいです。女性はプロセス指向型なので、“よく考えたね”と受け止めて却下されるのはOKなんです。

 また、時系列で話しながら結論を導き出す女性脳の特性上、経緯を長く話す上司の場合、最初に結論を求める男性としては、何が言いたいかわからないと思っても、最後にちゃんと結論が出ることと、経緯に大事な情報が入っていることを知っておくといいですね。ほとんどの場合、管理職の女性たちは結論から要領よく話しますが、ときにトラブルが起こって混乱することがあります。そういうときに共感しながら話を聞いてあげると、最適解が導き出されるのです」

◆女の機嫌の直し方

 女性脳はとにかく「共感」で回っており、共感さえしてもらえればストレスは解消され、最適解を出せる。そのため、女性の機嫌を直すには、共感することが重要であることは前編で述べたが、謝るときには「相手の気持ちに言及して謝る」ことが鉄則だという。

「ただごめんと謝るだけでは、女性の機嫌は直りません。たとえば“お産で君はこんなに大変だったんだね”と、相手の気持ちやプロセスに言及することが大事です。上手に聞いてあげるテクニックの問題ではなく、しみじみと共感してあげるのです。だけど男性脳は女性脳と同じところに共感できないので、そこは心を込めて演技をしてください」

◇「一緒にいる意味がない」が出たら、かなり深刻

 女性からこの言葉が出たら、夫にかなり絶望している危険信号。

「もともと脳は男女ともに3年すぎると相手を捨てようとするので、それに逆らって生きていくのが結婚なんです。男性の場合は、男性ホルモン・テストステロンの独占欲によって妻や恋人をキープしようとするので、そう深刻に別れる気持ちにはなりませんが、女性が別れたくなる方が多いのは、脳科学的には当然のこと。それを防ぐには、ぜひ共感を。“私の気持ちをわかってくれるのはこの人しかいない”と思われる夫になったら、一生捨てられないですから。

 女は言葉で満たされて、言葉でイクの。“一緒にいる意味”は、言葉なんです。“定年退職したら退職金で世界一周連れてってやるから”なんて、全然だめです。それよりも女性がほしいのは、今日の共感です。先の世界一周でもダイヤモンドでもなくて、“私こんなことがあったのよ”と言ったら、“それは悲しかったよな”というその一言が欲しいだけなの」

◇姉にいじられて育った男性をお手本に

 女性との接し方が抜群にうまいと黒川さんが言うのが、NHK『あさイチ』で有働由美子アナウンサーと絶妙な掛け合いを見せるイノッチこと井ノ原快彦。共感しつつ、ちょっといじる、絶妙な受け答えはいいお手本だという。

「井ノ原さんは本当にうまいです。そして優しいですよね。演技ではなく、自然に体得していると思います。それから姉が2人以上いる人や女性に囲まれて育った男性は、散々いじられてきているので、やっぱり上手ですよ。男兄弟の人は同性兄弟に競争心がわくのか、正義感が強くて“正しく省エネタイプ”が多いですね」

◆男性脳は家事と育児に適さない!?

 共働きが多い現代は、育児や家事に協力的な男性が増えたが、黒川さん自身は“イクメン礼賛”に疑問を感じている。多重のタスクをこなせる女性脳に比べ、男性は同じ量をこなすと3倍のストレスがかかるのだという。さらに動物学上、育児するオスは、生殖ホルモンが出にくくなるとの説も。

「男性ホルモンが出にくくなれば、雄々しさが失われるのはやむを得ないですよね。テストステロンが出にくくなれば独占欲も発情力も弱くなりますから。しかし、働く女性は時間的に追い詰められていますから、夫に子育てさせる代わりに男女の情は手放して、いい親友になるという選択もアリではないでしょうか。その場合、男らしく自分を愛してくれることを期待するのはやめなければいけません」

◆女性脳を活かす

「男性脳と女性脳を活かして補完しあっていくには、まずはお互いの脳の特性を知ることからですね。女性も男性のデリケートな脳をおどかさないことが大事ですし、正義感や勝ち負け意識が少ない私たち女性は、上司の代わりに謝るのも平気ですから、男性はそういった女性の特性をうまく使うといいと思います」

 女性脳が発揮する特徴的な能力のひとつに「直感力」がある。女性脳は右脳(感じる領域)と左脳(言葉を紡ぐ領域)の連携の密度と頻度が、男性に比べ圧倒的に高い。このため女性脳は、意識に触れるか触れないかの膨大な情報量を感じ、五感から得た情報を一気に結びつけて、論理的に説明できない複雑系の演算をやってのけるという。

「直感と論理の回路は別回路なので、結論は違ってきます。論理で考えたってうまくいかないことはあるのだから、まずは直感も大事に、ということは男女ともに伝えたいです。女性の直感と男性の直感は答えが違うので、代替案をたくさん手にすることができ、しかも、直感にすぐれた女性脳のおかげで、アイデアが倍になると考えたらいいと思います。

 それを採択するときに重要なのは、自分が理解できないからダメと思わないことです。市場は女性が財布を握っているわけですから。3人の女性が心から思ったことは、300万人の女性の心にも響くのです。この女性脳という見えないブラックボックスを有効に利用して、ビジネスソースにすることをおすすめします」

◇商品開発は「性別的戦略」を

 男性はすっきりとシンプルを好むのに対し、複雑系回路が活性化している女性脳は、複雑な事柄を好ましく思う傾向があり、ヒョウ柄や花柄、フリルやギャザーを好み、花束や菓子の詰め合わせなど“みっちりつまった”ものに興奮するのも脳の特性だという。

「特に、中高年女性の複雑系認知傾向はより高くなるので、たとえば50~60代の女性にポットを買ってほしいなら、シンプルなデザインではなくヒョウ柄にバラ模様を。かつての森英恵さんの蝶柄ポットは、中高年女性の心に刺さって完売でした」

 WEBサイトや雑誌も、複雑系認知傾向の高い女性脳には複雑な情報のほうが見やすいというのは意外なところ。商品開発に携わるなら、ターゲット市場の大多数を占める性の脳に気持ちのいいデザインを打ち出すことが、肝ということだ。

関連記事(外部サイト)