おっさんが流行語を使うなら「35億」より「ボイン」との説

おっさんが流行語を使うなら「35億」より「ボイン」との説

おっさんジョーク炸裂(写真:アフロ)

 2017年上半期の流行語が発表された。だがおっさんが今どきの流行り言葉を勇んで使うと恥をかくのは見えている。「おっさんにはおっさんの流行語がある」。大人力コラムニストの石原壮一郎氏が説く。

 * * *
 1位は「35億」(ブルゾンちえみwithB)、2位は「忖度(そんたく)」(政治家や官僚のみなさん)、3位は「プレミアムフライデー」(経産省と経団連?)でした。「マイナビ学生の窓口」が大学生男女401人(男性202人、女性199人)を対象に、「2017年上半期に流行った言葉はなんだと思いますか?」と尋ねたアンケートの結果です。

「そうか流行っているのか!」と思って、明日さっそく若者の前で「35億」と言ってやろうと思ったあなた、悪いことを言わないからやめておきましょう。私たちおっさんが無理に若者の流行語を使おうとすることほど、そして微妙に旬を過ぎたギャグを得意気に繰り出すことほど、痛々しくて物悲しくて聞く側の顔を引きつらせるものはありません。

 おっさんにはおっさんの戦い方があります。少し前に、カールの悲劇を繰り返さないために「同い年」のお菓子を応援しようと訴えました。「同い年」が存在するのは、お菓子だけではありません。おっさんの血となり肉となっている流行語やギャグもあるはず。中途半端に古い流行語で失笑されるぐらいなら、思いっきり古い流行語を繰り出して、いっそのことあ然とさせてしまいましょう。

「同い年」の流行語は、いわば一生のパートナー。時に慰め合い、時に励まし合いたいもの。1960年代の流行語を順に振り返ってみます。

 1960年に流行ったのが、週刊誌のトップ記事を狙うフリーの記者を指す「トップ屋」や、無意味な行動のことをいう「ナンセンス」。週刊誌のスクープ記事が話題になったら、「あそこのトップ屋もやるなあ」と感心しましょう。会社の上層部から理不尽な指示を受けたときは、力強く「ナンセーンス!」と言って拒否したいところ。驚かれそうですけど、あとで「いや、じつはこの言葉と同い年で」と説明すれば納得してくれるはず。

 1961年の流行語でぜひ使ってみたいのは、植木等が使った「お呼びでない」。楽しそうに話している若者たちの輪に無理やり加わり、「お呼びでない、お呼びでない? こりゃまた失礼いたしましたー」と言いながら立ち去りましょう。林家三平の「どーもすいません」も使い勝手がよさそうです。上司や取引先に謝るときは、表面的にはさておき、内心ではこうの口調で言っているつもりでいれば辛くはありません。うっかり表面的にもこの口調になってしまったら、たいへんなことになりそうですが。

「わかっちゃいるけどやめられない」「ハイそれまでよ」など、1962年も植木等の勢いは続きます。飲んだ後で誘惑に負けてラーメンを食べてしまっても、あのメロディで「わかっちゃいるけどやめられない」と歌えば、自己嫌悪を吹き飛ばして楽しい気持ちになれるはず。競馬で見事に外したときは、やはりメロディ付きで「ハイそれまでぇ~よ」と呟いて自分を慰めましょう。この言葉があれば、もし妻に捨てられても強く生きていけそうです。

 1963年は「カワイコちゃん」や「ピンク映画」が流行語になりました。「お宅の会社のカワイコちゃんは元気ですか」「おいおい、ピンク映画じゃないんだから」といった調子で、積極的に使いたいところ。同年代の女性がうかない顔をしていたら、「カワイコちゃんが台無しだぞ」と声をかければ、きっと元気になってくれるでしょう。ただし、若い女性に同じことを言うと、気持ち悪いと思われる可能性が大。言葉というのは難しいものです。

 東京オリンピックがあった1964年は、女子バレーチームの監督が言った「おれについてこい」が流行語に。ここぞという場面でこう言える上司や先輩を目指したいものです。赤塚不二夫のマンガから生まれた「シェー」が流行り始めたのも、この年。カメラを向けられたときは、すかさずシェーのポーズをしてみるのはどうでしょうか。ギックリ腰や五十肩には、くれぐれもお気を付けください。

 1965年に出てきた言葉で注目したいのが「モーテル」と「フィーリング」。女性に「ぼくたちはフィーリングが合うみたいだね」と言って意気投合してからの「モーテルに寄っていかないかい」と誘う──。いつの日かそんな状況になることを妄想しながら、強く生きていきましょう。ちなみに、金田正一の著書から生まれた「やったるで」も流行語になりました。

 1960年代後半も、使い勝手がよさそうな言葉がいっぱい。1966年「こまっちゃうな」「しあわせだなぁ」「びっくりしたなー、もう」。1967年「ハプニング」「ボイン」「大きいことはいいことだ」。1968年「ハレンチ」「指圧の心、母心」「ズッコケル」。1969年「あっと驚くタメゴロー」「それを言っちゃあ、おしまいよ」「やったぜ、ベイビー」。どれも、少なくともインパクトは抜群です。

 頼もしいパートナーになってくれそうな言葉は見つかったでしょうか。細かい時期はさておき、1960年代の流行語全部を「同年代」と思ってしまってもけっこうです。巧みに使いこなせば、ひと味違う大人のおっさんの貫録が漂い、カワイコちゃんやボインちゃんからモテまくって「こまっちゃうな」の状態になるはず。おれについてこい! えっ、お呼びでない、お呼びでない? こりゃまた失礼いたしましたー。

関連記事(外部サイト)