東京エリア別キャバクラガイド 価格帯と店舗・嬢の特徴とは

東京エリア別キャバクラガイド 価格帯と店舗・嬢の特徴とは

東京エリア別、キャバクラの特徴は?

 六本木や歌舞伎町など、東京には数多くのキャバクラがあるが、エリア別の店舗数や店の特徴、価格帯、女の子の質まで分からない男性は多いだろう。そこで、東京エリア別キャバクラガイドをお届けする。

【六本木】
・店舗数/約20~25店舗
・価格帯/1セット1万台後半~2万円
・特徴/嬢の年齢層が高く、高級店が多い。その分、歌舞伎町を卒業したプロのキャバ嬢が集い、ルックスの採用基準が非常に高い

【歌舞伎町】
・店舗数/約50~60店舗
・価格帯/1セット1万~2万円
・特徴/小箱から大箱までなんでもありの「キャバクラの聖地」。キャバ嬢が飲まされることが多いのが特徴。ボッタクリ店も存在するので注意が必要

【上野】
・店舗数/約30店舗
・価格帯/1セット4000~6000円
・特徴/老舗の大手キャバクラグループ“プラザグループ”の店が多く点在。親しみやすく手頃な店が多い

【池袋】
・店舗数/約40~50店舗
・女の子の質/キャバ嬢の質はピンキリで昼職や主婦などを兼業するキャバ嬢が多い
・価格帯/1セット4000~6000円。熟女キャバはさらに安い
・特徴/JK風から熟女・ショーキャバなど、幅広いタイプの店が点在。特にショーに力を入れている店が多い

【渋谷】
・店舗数/約15~20店舗
・価格帯/1セット1万円前後
・特徴/派遣キャバ嬢(1日だけなど期間限定で雇われている存在)を使う店が多く、一期一会的な出会いも。歌舞伎町や六本木に比べリーズナブル

【神田】
・店舗数/約15店舗
・価格帯/1セット5000~1万円前後
・特徴/とにかく安く、ボトル1本入れたら王様扱い。昼職との兼業が多いため、「会社の女性部下と遭遇」というハプニングも

【錦糸町】
・店舗数/約20店舗 
・価格帯/1セット5000~6000円
・特徴/歌舞伎町とは違った意味でプロのキャバ嬢が集まる街。無法地帯で、ボッタクリ店もあるが、どんな客も受け入れる懐の広い街でもある

【赤羽】
・店舗数/約15~17店舗
・女の子の質/バイト感覚の子から昼職と兼業など様々
・価格帯/1セット5000円~1万円
・特徴/熟女キャバクラの「聖地」といえる地域。シニア層に人気が高く、他エリアと比べて熟女系の店舗数が多い

【中野・高円寺・吉祥寺】
・店舗数/それぞれ約10~15店舗
・価格帯/1セット5000円前後
・特徴/「歌舞伎町は自分には敷居が高い」という子が集まる傾向。アットホーム感が強く、店員も含めてくだけた子が多い。プロっぽい子よりも、付き合いの良い子が好まれる傾向がある

【立川・町田】
・店舗数/それぞれ約5~7店舗
・女の子の質/ギャル系からヤンキー系の女の子が多い。明るくノリがいい
・価格帯/1セット5000~1万円前後
・特徴/カジュアルさが売りで、かなり親しみやすい店が多い。女の子も明るいが、強めなヤンキー調の子も在籍する

※週刊ポスト2017年7月14日号

関連記事(外部サイト)