伊達政宗は冬でも薄着で過ごす"裸健康法"を実践 ホメオスタシス活性化で体を鍛える?

記事まとめ

  • 仙台藩祖で徳川家康に次ぐ実力者とも評された伊達政宗は天然痘で右眼を失明した
  • 政宗公御名語集によると「冬であってもときどき裸になった」との記述がある
  • 寒い時こそ裸になることでホメオスタシスを活性化させ、体を鍛えたとも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております