将棋で大器晩成は稀 藤井四段以前の中学生プロも全て超一流

将棋で大器晩成は稀 藤井四段以前の中学生プロも全て超一流

将棋界に「大器晩成」は稀?

 連勝記録が途切れても、メディアの“藤井フィーバー”は止まらない。「僥倖」「望外」など豊富な語彙力を誇るこの14歳のプロ棋士の「強さの正体」はどのようなものか。将棋ライター・松本博文氏がレポートする。

 * * *
 藤井聡太四段は小学校の卒業文集に、「ぼくと将棋」と題して、将棋を覚えた5歳の時のことを回想している。ルールを覚えて、最初は祖父母と指していた少年は、やがて近所の将棋教室を訪れる。

〈矢倉の駒組を初めて見たのはその時だ。重厚で整った陣形を見て、自分の将棋とのあまりのちがいに驚いた〉

「重厚」という言葉は、日常生活では、使われないだろう。将棋界では腰の入った着実な攻めをポジティブに評価する際などに、よく使われる。ちなみに、矢倉を得意とする、重厚な攻め将棋の代表格といえば、加藤一二三九段である。藤井が更新する以前に史上最年少のプロ入り記録を有していた加藤とは、引退の少し前、奇しくも藤井のデビュー戦で対局している。

 藤井の前に中学生でプロになったのは加藤の他に谷川浩司九段、羽生善治三冠、渡辺明竜王の3人だけ。早熟の天才たちは、いずれも後に超一流となった。

 15歳でデビューした羽生は19歳にして初タイトルの竜王を獲得。25歳で史上初の七冠同時制覇を成し遂げた。この世界に限っては、大器晩成の例は非常に稀だ。苦労して20代半ばで四段になった棋士がタイトルを獲得したことは、ただの一度もない。才能を示す指標は、無情にして簡明だ。

 言葉の端々から、先人の棋書を読み込み、学んできたことが窺える藤井の将来に、将棋界が期待を寄せてしまうのは必然と言えよう。

 そして、14歳の少年とは思えない語彙が、将棋界の伝統的な言葉遣いに符合するのと同じように、その強さが培われた過程も、将棋界で旧来よく知られるステップを着実に踏み進めていったものだ。

 棋書を読み、定跡を研究し、棋譜を並べ、詰将棋を解き、実戦を多く指し、勝って嬉しさを、負けて悔しさを覚え(藤井は大変な負けず嫌いである)、さらに強くなろうとする。

 最近ではよく、藤井の強さは、現代最先端のAI(人工知能)の影響を受けているものと、評されるようになった。それはおそらく、事実であろう。藤井はここ一年ほど、研究パートナーとして、コンピュータ将棋ソフトを取り入れている。その後の藤井の棋力向上に幾分かは寄与していることも間違いはない。しかしそれは、自分自身で培った強固な基礎があってこそ。将棋ソフトを導入したからといって、誰もが強くなれる、というわけではない。(文中一部敬称略)

※週刊ポスト2017年7月21・28日号

関連記事(外部サイト)