セカンドオピニオン 最善に近い方法を教えてもらう方法

セカンドオピニオン 最善に近い方法を教えてもらう方法

セカンドオピニオンで迷ってしまった時は?

 かつては医師が権威として存在し、患者が診断や治療方針に口出しすることは難しかった。だが時代の流れとともに「複数の選択肢から治療法を検討したい」という患者のニーズが高まってきた。

 だが、セカンドオピニオン(以下「SO」)という言葉が浸透する一方で「どう実践すればいいかわからない」という声が少なくないのも事実だ。主治医と折衝を重ね、医師と病院が決まったら、SOの準備を進めることになるが、まず何を用意すればいいのか? ここではQ&A方式で見てみよう。

【疑問】
 紹介状や検査データは絶対に必要か?

【回答】
 答えは「イエス」。紹介状や診断データを入手しておかないと、「初診」と同じく最初から検査をやり直すことになり、時間のロスが大きい。病気が日々進行することを考えれば、迅速にSOを受ける必要がある。

 また主治医の同意がない場合、SOの結果を主治医にフィードバック(共有)できず、患者自身の判断で治療法を決定する必要に迫られる。医療という専門的かつ高度な領域においては、素人判断ほど危ういものはない。

【疑問】
 最低限、セカンド医師に伝えるべきことは?

【回答】
 時間が限られているため余計な話をしている暇はない。事前に医師に聞くべきことをメモしておくことが重要だ。

「それまでの診療過程を箇条書きにして、『初期症状は〇〇で主治医に××と診断されて、△△という治療法を勧められた』と簡略に伝えることが重要です。現在の仕事や持病の有無、性生活を続けたいかといった意思も伝えておくべき。それによって紹介してくれる治療法も変わってきます」(医療ジャーナリスト・油井香代子氏)

 SO外来を担当する東京都立多摩総合医療センター外科部長の森田泰弘・医師がいう。

「自分の病気についてある程度勉強をしておいてもらえるとSOがスムーズになる。ネットなどでがんの種類ごとに治療法ガイドラインにもアクセスできるので、できれば目を通しておいてほしい」

 また、森田氏はSO担当医の立場から、「自分の望む治療法」を伝えることが必要と指摘する。

「根治が目的なのか、わずかな可能性にかけて手術をしたいのか、痛みが我慢できるのか、経済力はどうかなど、大まかな方向性をはっきり示してもらうと話が進みやすい」

【疑問】
 複数の選択肢を提示されたらどう選べばいい?

【回答】
 年間300人を超える患者の相談に乗る藤野氏によれば、SOでは必ず複数の選択肢を提示される。

「その場合、『先生は自分の両親が患者だったら、どの治療法を選びますか?』と聞けば、ほとんどの医師が最善に近い方法を教えてくれます。患者がいくら勉強してもプロには適わないので、医師の答えを参考にすべきです」(がん難民コーディネーターの藤野邦夫氏)

※週刊ポスト2017年7月21・28日号

関連記事(外部サイト)