【書評】M.アリ対A.猪木の真実、アメリカからの解析

【書評】『アリ対猪木 アメリカから見た世界格闘史の特異点』ジョシュ・グロス・著/棚橋志行・訳 柳澤健・監訳/亜紀書房/1800円+税

【評者】井上章一(国際日本文化研究センター教授)

 プロレスラーのアントニオ猪木が、ボクサーのモハメド・アリと、一九七六年にたたかった。その記憶は、プロレスのひいき筋をこえ、多くの日本人にわかちあわれている。そのため、猪木・アリ戦については、これまでにさまざまな説明がなされてきた。ただ、それらの多くは、もっぱら猪木側からの読み解きに終始してきたと思う。アリ側の立場から、あの一戦を解説するこころみは、皆無であった。

 じっさい、アリの伝記めいた本でも、猪木との対戦にページをさいたものは、ほとんどない。アリにとっては、無意味な茶番劇として、黙殺するのがふつうであった。猪木にとっては、決定的な出来事だったとされるいっぽうで。

 だが、プロレスラーらに闘いをよびかけたのは、アリのほうである。誰か、俺に挑戦するやつはいないのか、と。そして、名のりをあげた猪木との対戦合意に、ふみきったのもアリだった。アリのとりまきは、みなやめたほうがいいと、いさめていたにもかかわらず。アリがプロレスというジャンルを、それなりに買っていたことじたいは、うたがえない。

 あの一戦にいどもうとしたアリから目をそむけて、アリを論じるのは、話がかたよっている。アリにそくしてアリ語りをすすめるのなら、対猪木戦への目くばりははずせないはずである。そんな私などの想いにこたえてくれる本が、ようやく刊行され、日本語にも翻訳された。

 よく知らないアメリカ人の名が、カタカナでつぎつぎにでてくるところは、読みづらい。それでも、この本には、いろいろなことをおしえられた。WWEの全米制圧が、猪木・アリ戦を契機としていたことなどには、新鮮な印象をいだいている。猪木がイスラム世界へあゆみよった背景にアリがいたろうことも、なるほどと思わされた。

 著者のジョシュ・グロスは、総合格闘技を取材してきたジャーナリスト。その“総合”が、猪木・アリ戦にさかのぼれるとの想いも、この本をささえている。

※週刊ポスト2017年7月21・28日号

関連記事(外部サイト)