医療相談Q&Aサイトでセカンドオピニオンの裾野拡大

医療相談Q&Aサイトでセカンドオピニオンの裾野拡大

医療相談サイトの上手な使い方は

 その必要性は感じながら、どのようにセカンドオピニオンを求めていいか分からないという人たちが増えている。そんなニーズを受けてサービスを提供しているのが「アスクドクターズ」というサイトである。読者が医療に対する日々の疑問を書き込み、5100人以上登録している現役医師が回答する。サービスの月額利用料は300円だ。

 いわば「ネットセカンドオピニオン」ともいえるような存在だが、ただし、サイトの回答をすべて鵜呑みにするのは危険だと医療ジャーナリストの油井香代子氏は言う。

「多くの医師が匿名なので、どうしても当たり外れが大きいと思います。中には研修医も含まれていて、医師の資格は持っていても臨床経験が浅く、教科書的な答えしか望めません。セカンドオピニオン外来なら1時間で2万~3万円かかることもざらですから、月300円でセカンドオピニオンの前提知識を付ける、くらいに考えておくべきです」

 アスクドクターズの運営会社・エムスリーの事務局も、注意を促す。

「実際に病院などに足を運ぶ手間に比べ、手軽に医師に相談できることがサイトの特徴ですが、このサイトで行なわれるやり取りは診療ではなく、あくまで医療相談サービスであるということを念頭に置いていただければと思います」

 サイトに参加するまえだクリニック(福岡市)の前田正彦院長の意見はこうだ。同氏は実名で登録をしている。

「我々の意識としても、これはあくまでアドバイスであって、診断ではありません。ですから、病名の宣告や、この薬を使いなさい、といった断定的なことは言いません。セカンドオピニオンを受けたらどうか、専門医はここにいますよ、といったアドバイスをするのがこのサイトの意味だと思います。病院でのちょっとした疑問や説明を聞いても分からなかったら聞く、そういうときに使うのが一番いいのではないか」

 ではどのように活用するべきか。

「望んだ回答を得るためには、タイトルに病名やどの科の疾病か、何が聞きたいかなど質問の概要を書いたほうが、複数の専門医から回答を得られやすいと思います」(前出・事務局)

 油井氏はこう勧める。

「服用している薬はメーカーの商品名と製品名、処方量まで書くといいでしょう。これまでの既往症や、血圧など現在の体の状態も書くと医師も判断しやすい。さらに、医師を指名するのも一つの手です。実名の医師は責任を伴っていますし、自信があるから書くわけです。匿名医師の場合は、より慎重に、過去の回答の内容で判断すべきです」

 過度な期待は禁物だが、気楽に別の医師の意見を聞きたいときには有効かもしれない。セカンドオピニオンの裾野は広がりつつある。

※週刊ポスト2017年8月4日号

関連記事(外部サイト)