抗精神薬や睡眠薬が寿命を縮めるとの研究結果も存在

抗精神薬や睡眠薬が寿命を縮めるとの研究結果も存在

抗精神薬や睡眠薬が寿命を縮めるとの研究結果も

 超高齢化社会を迎えて、大幅な増加が懸念される認知症の患者に対しては、徘徊や暴力など「BPSD」(周辺症状)と呼ばれる症状を抑えるため、抗精神病薬を投与することがある。

 順天堂大学の研究チームが2011年から2013年にかけて、全国のアルツハイマー型認知症の高齢者を調査した。調査期間中に初めて抗精神病薬を処方されたグループと、まったく投与されていないグループを比べたところ、処方グループのほうが半年後の死亡率が2.53倍高くなった。

 抗精神病薬の服用開始後、2か月から2か月半の間に死亡率が高くなり、心不全や肺炎で亡くなった患者が多い傾向も見られた。

 睡眠薬が寿命を縮めるとの研究結果もある。米ペンシルバニア州に住む1種類以上の睡眠薬を処方された患者約1万人と、睡眠薬を使っていない約2万3000人を比較したところ、1年間に18~132回の睡眠薬を服用した人の死亡率は非使用者の4.6倍だった。1年間の服用が18回未満でも非使用者の3.5倍という死亡率だった。また、睡眠薬服用に伴う発がんリスクは35%増加した。

 ただし、睡眠薬は短期の服用なら問題ないとの意見もある。北品川藤クリニック院長の石原藤樹医師の話。

「最新の論文では、睡眠薬使用者の死亡リスクは非使用者と有意な差がなかった。睡眠薬の服用を必要とするケースの場合、他の持病を抱えていることが多く、睡眠薬の服用の有無よりもそちらが死亡リスクを左右する可能性は否定できない」

 ここまで個別の疾病とその治療薬についてデータを紐解いてきたが、年齢を重ねれば罹患する病気が複数になることもある。特に、新たな疾患にかかった場合は注意が必要だ。

「例えば、降圧剤を服用している高血圧の患者が腎臓病を患うと、降圧剤が腎臓の血流を悪くして腎臓病を悪化させます。このような“負の連鎖”を生み出さないためにも、持病が増えたら自分の医療状態を正確に医師に伝えることが必要です」(石原医師)

 日本の医療界にはこうした“負の連鎖”が生まれやすい土壌があると長尾クリニックの長尾和宏医師が指摘する。

「製薬会社は薬価の高い新薬を使ってもらうために大病院の医師にプロモーションをかける。また、医師は薬をやめて患者の容態が悪化することを懸念する。臓器別で縦割りの学会は製薬会社の意向を忖度したガイドラインを作り、杓子定規にそれに沿った投与を推奨している側面もある。

 適切な投薬を行なおうとしても、患者が『整形外科』『循環器科』といった複数の診療科をまたがって受診している場合には、それぞれの医師が薬をバラバラに処方してしまうため、“負の連鎖”が生まれてしまう。

“患者ファースト”とはほど遠い治療を避けるためには、患者側も“薬頼み”にならないよう、生活習慣を見直すなどの意識変革が必要です」(長尾医師)

 日本は薬の「安全神話」が根強い。だが安全を盲信することが最も危険なのだ。

※週刊ポスト2017年8月4日号

関連記事(外部サイト)