最も賢い無脊椎動物「たこ」 夏の理想的なたんぱく源

最も賢い無脊椎動物「たこ」 夏の理想的なたんぱく源

夏に理想的なレシピ「たこのガーリックバター炒め」

 夏が旬となる「たこ」は、複数の吸盤がついた8本の触腕を特徴とする無脊椎動物。頭部に見える丸く大きな部分は実は胴部で、本当の頭は触腕の基部に位置する。

 その柔軟な体のほとんどは筋肉。高い知能を持ち、もっとも賢い無脊椎動物ともいわれる。密封されたねじぶた式のガラス瓶に入った餌を視覚で認識。瓶のふたをねじって餌を取ったり、ココナッツの殻や二枚貝の貝殻を防具として身につけ、天敵であるウツボやサメから身を守る姿も確認されている。ちなみに、ゆでる前のたこの血は青い。

 日本人とたこのつきあいは古く、弥生時代の遺跡からは、蛸壺形の土器が複数出土している。関西地方では、昔から田植えが終わる半夏生(今年は7月2日)にたこを食べる習慣がある。豊作祈願が目的とされるが、体力を奪われがちなこの時期、たこに豊富に含まれるタウリンで田植えの疲れや滋養強壮を図ったという説もある。低カロリーで血行促進作用のある亜鉛も豊富に含み、夏の理想的なたんぱく源である。家庭料理研究家の松田美智子さんはたこについてこう話す。

「たこというと“触腕を食べる”と思われがちですが、私は胴体が好きです。やわらかくて噛めば噛むほど味わい深いのに、触腕よりお買い得。ゆでた際の塩気がありますから、細切りにして和えるだけで、すぐ出せる一皿になります」

【たこの準備】
 一般的にスーパーなどで売られているのは“ゆでだこ”。表面にぬめりがなく、足の先までくるりと巻きがしっかりしたものを選ぶこと。吸盤に1つだけ大きなものがあるのは雌で、雄よりも雌の方が身がやわらかいとされる。すでにゆでてあるので、特に下処理は必要ないが、胴体については、裏返して内側の汚れをキッチンペーパーでよく拭き取ってから調理する。

■たこのガーリックバター炒め
【1】たこの足大きめ1本はひと口大に切る。にんにく1片(小)は薄切りに、あさつき1/2本束は4cm長さに切り揃える。
【2】フライパンににんにくとオリーブ油大さじ2を入れて中火で炒める。香りが出たらたこを加えてさっと炒め、あさつきを入れて味をみて、塩・こしょう各適量で調味。
【3】バター大さじ1を入れて火を切り、余熱でバターをなじませてから器に盛る。

※女性セブン2017年8月10日号

関連記事(外部サイト)