日本は輝いていた… 192億円黒字、大阪万博の最高の思い出

日本は輝いていた… 192億円黒字、大阪万博の最高の思い出

世紀のイベントから半世紀が経過した(写真/GettyImages)

 1970年、183日間で6421万人以上が訪れた日本万国博覧会の入場者数は2010年の上海万博に抜かれるまで、万博史上の最高記録を保持した。それから50年が経った。

「祭りは人間の生き方、文化の体質を変える衝撃でなければならない。無駄をしなければ人間は膨らまない」

 テーマ館プロデューサーである岡本太郎は強い決意を胸に秘めていた──。“人類の進歩と調和”を掲げた日本万国博覧会(通称:大阪万博)は、1970年3月14日に大阪・千里丘陵で開会式が行なわれた。

 日本にとって国際博覧会の開催は悲願だった。明治期に構想は2度あったが実現せず、1940年開催予定の「紀元2600年記念日本万国博覧会」は前売券まで販売されたものの、日中戦争により延期という名の中止に追い込まれた。

 終戦後、高度経済成長を遂げていた日本は、甲子園球場83個分に及ぶ約330ヘクタールの会場で、「戦後復興の総仕上げ」に挑んだのだ。

 当初、客足は鈍かった。開幕日には53万人の入場者が予測されたが、27万4124人に留まり、その週は1日20万人に届かない日々が続く。しかし、徐々に口コミで面白さが伝わっていった。万博には“未来の日本”があったのだ。

 国内外のパビリオン数は計116。電気通信館には携帯電話やテレビ電話が並び、人々はその目新しさの虜になった。アメリカ館は空気膜構造を応用し、柱のないエアドームを作った。この工法は、のちに東京ドームなどに取り入れられている。

 動く歩道やモノレール、10分200円で乗れる電気自動車などの移動手段も物珍しく、パビリオンが見せる近未来像とともに会場は新しいものに溢れた。そして77か国が参加する万博は“世界の祭り”でもあった。リオのカーニバルなどの催しや、各パビリオンのレストランで供される異国の料理も人々を魅了した。

 閉幕直前の9月5日には最多の83万5832人を動員。総入場者数は6421万を超え、当時の万博史上最多を記録した。

 877億円という莫大な予算を掛けて赤字を危惧されたが、最終的には192億円もの黒字を生み出した。後世に語り継がれる大成功を収め、「太陽の塔」の岡本太郎、「カプセル建築」の黒川紀章、服飾デザイナーのコシノジュンコなどの芸術家は国際的にもその名を轟かせた。

 世界中の英知が集結した大阪万博は、日本人に多大な影響と最高の思い出を残したのだ。

※週刊ポスト2020年3月27日号

関連記事(外部サイト)