【書評】文化的観点から政治家に影響を与えた山崎正和の歴史

【書評】『舞台をまわす、舞台がまわる 山崎正和オーラルヒストリー』/御厨貴、阿川尚之、苅部直、牧原出・編/中央公論新社/3000円+税

【評者】関川夏央(作家)

「オーラルヒストリー」とは個人史の長大な聞き書きだ。当事者の記憶と証言で「文書に残っていない情報」を現代史探求の材料に加えるのが目的で、おもに政治家が対象だった。実際、発想者の御厨貴とそのチームは多くの政治的「回想」を公刊してきた。

 山崎正和は劇作家、また哲学・文学・歴史の間を論じる評論家である。だが同時に、三十代後半から文化的観点から政治シーンに影響を与え、国際交流基金という大きな組織の作り手ともなった。その意味では「オーラルヒストリー」の好個の人で、この本の「語り」は二年弱で計十二回、原稿用紙千枚強におよんだ。

 満洲・奉天(瀋陽)からの引揚げ直前に父親を亡くした山崎正和は、十三歳で「闘う家長」とならざるを得なかった。帰国後入学した京都の新制鴨沂(おうき)高校では全国最年少、十五歳の共産党員となって京都大学に指導に行ったという。先進的「植民地文化」と悲惨な敗戦を経験した彼は、驚くほど、また気の毒なほど早熟であった。

 一九七二年だったと思う。芝居をやっている友人に山崎正和の戯曲『世阿彌』はすごい、と勧められて読んだ。すごかった。これを二十九歳で書いた直後、千田是也が俳優座で上演したとか、三十歳でイェール大学演劇学科に留学して英語版『世阿彌』を上演したとかは、この本ではじめて知った。

 それらは自慢に値する自慢話だが、背景となった高度経済成長時代とともに明るい印象をともなう。山崎正和といえば「保守」と答えがちだが、私はこの本で典型的「リベラル」の生涯を実感した。

『舞台をまわす、舞台がまわる』の刊行は、実はインタビュー終了十年後である。編者・御厨貴は、この「語り」は山崎氏にとって「扱いにくい産物」で、「あなた方(御厨貴らチーム)の作品」と距離を置いたからゲラの手入れが遅れたと見る。その距離感を溶かすのに十年かけたとは、やはり著者のスケールは大きい。

※週刊ポスト2017年8月11日号

関連記事(外部サイト)