木造家屋に生息するカビが抗原の「夏型過敏性肺炎」に注意

「夏型過敏性肺炎」に注意 木造家屋に生息するカビが抗原で再発しやすい特徴

記事まとめ

  • 過敏性肺炎は通常の肺炎と同じ症状を呈するものの、抗生物質がまったく効かないという
  • 夏型過敏性肺炎の原因は、木造家屋に生息するトリコスポロン・アサヒというカビ
  • 鳩やインコ、鶏など鳥の羽毛や糞、陶芸の土埃を吸い込むことで発症する過敏性肺炎も

木造家屋に生息するカビが抗原の「夏型過敏性肺炎」に注意

木造家屋に生息するカビが抗原の「夏型過敏性肺炎」に注意

夏型過敏性肺炎について医師が解説

 肺炎球菌やインフルエンザウイルス、マイコプラズマなどの病原性微生物が肺で増殖し、感染症が原因で炎症が起こる病気をまとめて肺炎という。咳と息苦しさ、発熱が主な症状で、抗生物質などの感染症治療薬で治療する。ところが、通常の肺炎と同じ症状を呈するものの、抗生物質がまったく効かないのが過敏性肺炎だ。特に梅雨時から夏場にかけて多い夏型過敏性肺炎は、その約75%を占めている。年齢を問わず発症し、再発しやすい特徴がある。

 埼玉医科大学総合医療センター総合診療内科・感染症科の岡秀昭部長に話を聞いた。

「夏型過敏性肺炎の原因は、木造家屋に生息するトリコスポロン・アサヒというカビです。カビが肺に入り、増殖するせいで炎症を起こすのではなく、カビが抗原となってアレルギーを起こし、発症します。アレルギーなので他人にうつることはありません」

 肺炎と診断されると、入院で抗生物質治療を行なうことが多い。症状が肺炎と似ているため、この病気も入院治療すると回復するが、退院後帰宅すると再発する。これは抗生物質が効いたのではなく、自宅から病院に移動し、カビから離れたために回復したのであり、自宅に戻れば再びカビを吸い込み肺炎を起こす。

 診断はX線やCTなどの画像検査と病歴の問診で行なう。若い人が何度も肺炎を再発したり、毎年同じ時期に発症するのは通常では考えにくいので、過敏性肺炎を疑う。また、症状の似ている肺炎、結核、喘息と区別するために画像診断や喀痰(かくたん)検査が参考になるが、夏型過敏性肺炎では加えて血液検査を行ない、カビの抗体反応が陽性であれば診断の有力な証拠となる。

 トリコスポロン・アサヒというカビが原因の夏型過敏性肺炎以外にも、鳩やインコ、鶏など鳥の羽毛や糞、陶芸の土埃や仕事で粉じんを吸い込むことで、発症する過敏性肺炎もある。冬には羽毛布団が原因の過敏性肺炎が増える。

 一番の治療は、アレルギーの原因を遠ざけることだ。カビが増殖するエアコンの送風口や、ふろ場、洗面所などの水回り、床や天井の四隅などを徹底して掃除する。

「家中探しても、どこにカビが生えているのかわからず、最悪の場合は引っ越しも考慮することさえありますが、まずは住環境のカビ調査と清掃除去が大切です。患者さんの同居者の約20%で発症するといわれ、その点でも木造家屋のカビは問題です。さらに地球温暖化で、高温多湿期間が長期化するにともない、より注意が必要です」(岡部長)

 夏型過敏性肺炎の中には、急に悪化し、呼吸不全に陥る症例もあり、人工呼吸器とステロイド剤で治療を行なう。他にも、年に複数回発症し、毎年発症する場合は、肺の線維化が進み、機能が低下することもある。

 過敏性肺炎は、2日間アレルギーの原因から離れるだけで症状が改善するといわれる。もし、抗生物質を服用しても治らない場合は、転地により症状が改善するかを診るチャレンジテストの実施も診断には有効だ。

※週刊ポスト2017年8月11日号

関連記事(外部サイト)