やってはいけない白髪NG行動 朝シャン、白髪を抜くなど

やってはいけない白髪NG行動 朝シャン、白髪を抜くなど

白髪を作ってしまうNG行動は?(写真/アフロ)

 健やかな黒髪を目指して日々やりがちな行動も、やりすぎると髪を傷める原因に。白髪を作らないために、避けるべき行動を毛髪再生医療を専門とする東京国際クリニック形成外科医の峯岸祐之さんに聞きました。

【1】朝シャン&自然乾燥

 朝にシャンプーする場合は、急いでいることが多いため、充分なすすぎができず、頭皮に刺激を与えたり、乾燥の原因に。朝シャンを行う場合は、時間に余裕をもってよくすすぎ、オイルなどをつけて乾燥対策を。また、自然乾燥も頭皮に雑菌が繁殖しやすく白髪や抜け毛やにおいの原因になるのでしっかり根元を乾かして。

【2】頭皮をブラシでたたく

 頭皮に刺激を与えれば髪が生えてくるのではないかと、硬いブラシでたたく人がいるが、これでは刺激が強すぎて、いい髪は生えてこない。ブラシは柔らかいナイロン素材や豚、猪など動物の毛のものを使い、やさしくとかすこと。ブラシを地肌にあてる時も、決して力を入れすぎないよう注意して。

【3】白髪を抜く

 白髪を抜くと毛根を強く刺激してしまい、新しい毛が生えなくなり、薄毛の原因にもなる。1~2本だと抜きたくなるものだが、抜かずに小さいはさみで切るか、部分染めで白髪を目立たなくするのが得策だ。

※女性セブン2017年9月21日号

関連記事(外部サイト)