【法律相談】拾った犬の飼い主が現れた 返さなきゃダメ?

【法律相談】拾った犬の飼い主が現れた 返さなきゃダメ?

拾った犬は拾った人のもの? 飼い主のもの?

 飼い主がはっきりとしない動物を見つけて家に連れて帰り、「飼いたい」と親にねだるのは“子どもあるある”だが、実際に拾った犬を飼っていたところ、犬の飼い主が現れた場合、返さなければいけないか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 小学生の娘が迷い犬を拾ってきました。愛嬌があり、娘も懇願するので飼うことにしました。それが2か月後、その犬の飼い主だという人が現われ、返してほしいといってきたのです。でも、2か月も飼っていますし、情も移っているので手放したくありません。それでも戻さなければいけないでしょうか。

【回答】
 迷い犬とは、どこかに飼い主がいる犬ということですね。犬は法律上、物であり動産です。飼い主がいる迷い犬など逃げ出した動物は、一種の遺失物であり、拾った娘さんは落とし物の拾得者になります。

 遺失物には、民法の特別法である遺失物法が適用され、拾得者は遺失物を警察署に届け出る義務があります。結果、迷い犬は警察が保護します。しかしながら、遺失物が犬と猫の場合は、市町村が委託している動物保護団体に届け出れば、警察署へ届け出る義務はなくなります。

 ところで警察署に遺失物として届け出ると、その掲示板に迷い犬保護が公告されます。民法では、この公告後3か月経過して遺失物の持ち主が判明しなかったときには拾得者が、その所有権を取得することになっています。

 さて、遺失物法では保管に不相当な費用や手数がかかるものは政令で定めるところにより売却できるとされ、その政令では動物も含めています。ただ、同時に「逸走した家畜」を「準遺失物」と定義し、民法240条の定めを準用するとしています。そこで再び本則に戻り、公告後3か月経過するまでに飼い主が名乗り出なければ、迷い犬は拾得者のものとなります。

 言い換えれば迷い犬を警察に届け出て公告された後、3か月経過するまで、迷い犬の所有権を取得することはできません。あなたは届出手続きをしなかったのですから、飼い主に返すしかありません。

 落とし物をネコババすると遺失物横領の犯罪ですが、犬は飼い主に戻る習性があるので遺失物といえるか疑問になる場合もありそうです。もし、遺失物でない物、即ち他人の占有物を自分の物にすると窃盗になります。迷い犬の保護で罪に問われることはないでしょうが、飼い主とこじれると面倒になります。やはり、こういう場合は届け出るのが最善の方法です。

【弁護士プロフィール】竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2017年9月22日号

関連記事(外部サイト)