「ももクロ」でいじめが起こりにくい理由 中野信子氏が分析

「ももクロ」でいじめが起こりにくい理由 中野信子氏が分析

脳科学者の中野信子氏

 2017年3月、文部科学省が「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」を策定した。これは、2013年に「いじめ防止対策推進法」が施行されたにもかかわらず、自殺のような「重大事態」が減らないことを国が憂慮したことがきっかけだ。しかし、取手市、仙台市のいじめ事件等、いじめを苦に自死を選ぶ子どもは後を絶たない。さらに大人社会においてもいじめの事件は多い。『ヒトは「いじめ」をやめられない』(小学館新書)の著者で脳科学者の中野信子氏は、「いじめはヒトという種の脳にプログラミングされた機能であり、なくすことは困難である」と語る。いじめのメカニズム、そしてその回避策を脳科学の観点から聞いた。

──脳科学の観点から分析すると、なぜ「いじめ」はなくならないのでしょうか?

中野:いじめは子どもだけでなく、大人の世界でも、時代や国を問わず存在します。近年進められている研究によってわかってきたことは、いじめという行為は人間が進化の過程で身につけた「機能」なのではないかということです。

 人間の肉体は、他の動物と比べ、非常に脆弱です。戦闘的に不利な肉体を持つヒトという種が生き残るための武器として使っていたものは何か、それが「高度な社会脳」を持ち、「集団をつくること」です。つまり、集団で協力行動を推進する機能という形で、社会脳が発達してきたということが示唆されるのです。そして、集団を維持しようという機能が高まることで、集団の邪魔になりそうな人がいた場合、その人に制裁行動を加えて排除しようとする機能も脳に備え付けられたと推測されるのです。

──いじめや制裁行動は、集団を維持し、ヒトという種を残すために脳に組み込まれた機能の一つということですか?

中野:排除行為を行うためには、労力がかかり、リベンジされる危険もあります。本来ならば、極めて非合理的な行動です。さらに、いじめはよくないことだと理性的には理解しているはずです。しかし、そのリスクに対する恐怖や理性的なブレーキを上回るほど、誰かを攻撃することによる「快感」を感じるように、脳はプログラムされているのです。実際に、制裁行動が発動する時の脳では、「ドーパミン」が放出され、喜びを感じることがわかっています。これは、制裁行動に快感を与えなければならないほど、人間という種が生き延びるためにも根本的には重要な行動だったということが言えます。

──いじめが起きやすい集団の特徴はありますか?

中野:心理学者の澤田匡人先生の調査によると、「規範意識が高い集団ほどいじめが起きやすい」ということがわかっています。その理由として、脳科学的には、「脳内ホルモン」の影響が考えられます。

 誰かと長時間同じ空間に一緒にいることで、「仲間意識」をつくる「オキシトシン」という脳内ホルモンが分泌されます。オキシトシンは愛情ホルモンとも呼ばれ、愛情が親近感を感じさせるホルモンです。しかしこのオキシトシンが高まりすぎることで、仲間を守ろうという意識が高まり、「邪魔者」を検出し、排除しようという意識も同時に高まってしまうということがわかっています。

 こうした側面から考えると、学級のあり方についても議論が必要になるでしょう。学級という狭い空間の中で、「みんな仲よく」「団結しよう」と求めることが、いじめが起きやすい環境につながるということも認識しておくべきだと思います。

──脳科学の観点から、いじめを回避する方法としてどんなことが考えられますか?

中野:対応策としては、人間関係を固定化しない工夫が有効です。例えば子どものいじめなら、習熟度別のクラス分けを増やす、席替えをするなど、人間関係の流動性を高めるという方法が考えられます。大人の場合は、「この人は自分の敵にはならないだろう」と思わせることも効果があるでしょう。例えば、「自分は完璧な人間ではありません」ということをアピールする、わかりやすい自分の「負」の部分を相手にさらけ出すのもよいでしょう。心理学で言う「アンダードッグ効果」と言われるものです。「実家がすごく貧乏な上に苦労して育ったんです」とか「実はおじさんのウケが悪いので、出世はとても望めません」などと、自分だけが得をしているのではないかと相手に疑われがちな部分を相殺できるような自分の負の部分を相手に見せるのもよいでしょう。

──いじめが起きにくい集団の特徴はありますか?

中野:個人の裁量権が小さいところでは、集団の力というのが相対的に大きくなります。常に均質性が高く、仲間意識が強いから起こるのがいじめという現象であることを考えると、個性優先で、みんなが違っている均一性の低い集団では、誰が邪魔者なのかわかりづらい。つまり、一人だけ違うといじめは起こるけれど、みんなが違う状態ではいじめの起こりようがないと想定されます。

“ももいろクローバーZ”という日本のアイドルグループがあります。参考になると思うのは、メンバー5人がそれぞれカラー(個性)を持ち、グループの中での役割が違っているところです。そしてライブでは、メインとなる人が5人の中でどんどん入れ変わり、すべてのメンバーが活躍できる場があるのです。

 それぞれの個性はぶつかることなく、すべての人が主役になり、成長できる場面が用意されている。それゆえ、お互いの個性ややり方、考え方を尊重するチームができあがっている。そういう関係においては、いじめは起こりにくくなると考えられます。

 いじめは悪い子だけがやるものだ。だから悪い子を正せばなくなるのだと思いがちですが、人間はそもそも理想的な存在ではないということを、まず前提として受け入れなければならないと思います。「いじめ」は人間の機能という可能性をあえて吟味し、いじめについて科学的理解を深めることによって、より有益なアプローチも見いだせるのではないでしょうか。

【PROFILE】なかの・のぶこ/1975年、東京都生まれ。脳科学者、医学博士、認知科学者。東京大学工学部応用化学科卒業。東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。フランス国立研究所にて、ニューロスピン博士研究員として勤務後、帰国。脳や心理学をテーマに研究や執筆の活動を精力的に行う。科学の視点から人間社会で起こりうる現象及び人物を読み解く語り口に定評がある。現在、東日本国際大学特任教授。著書に「心がホッとするCDブック」(アスコム)、「サイコパス」(文藝春秋)、「脳内麻薬」(幻冬舎)など多数。また、テレビコメンテーターとしても活躍中。

関連記事(外部サイト)