空耳増えて面倒と言われた男性 認知症の初期症状だった

空耳増えて面倒と言われた男性 認知症の初期症状だった

「え? 何?」が多くなったら要注意

「家族はみんな、“お父さん、最近空耳が増えて面倒ね”と適当に流していました。それがまさか、認知症の初期症状だったなんて……」

 そう肩を落とすのは、千葉県在住の60歳の主婦だ。2歳年上の夫は、50代半ばで耳の聞こえが悪化した。

「テレビを観ていてもやたらと音量を上げるようになり、家族が何も話していないのに、『え、何か言った?』と聞くことが増えた。帰省した娘に“そこのお菓子取って”と言われ“お箸”を渡そうとするなど、その頃は笑い話で済んでいたのですが……」

 夫の聞き間違いはどんどん酷くなり、それとともに無口になっていった。定年後は自宅に引きこもるようになり、やがて物忘れが激しくなったという。

「結局、夫は認知症と診断されました。医師から『耳の異変が最初の兆候だったと思う』と告げられてショックでした」

 これは決して特殊な例ではない。今年7月、英国の医学誌『ランセット』に発表された論文は、「中年期(45~65歳)の聴力低下」を認知症の最も大きなリスク要因に挙げた。さらに「中年期に耳が悪くなると、9~17年後に認知症が増える」と警鐘を鳴らしている。

 このように、ちょっとした耳の異変が認知症の引き金になることは、専門家の間では常識になりつつある。

「米国の研究では、高度の難聴では認知症の発症リスクが5倍になるとの報告もあります。厚労省の『認知症施策推進総合戦略』でも、認知症の危険因子として難聴を挙げています」(藤沢御所見病院院長で耳鼻咽喉科医の山中昇医師)

 日本補聴器工業会の試算では、国内の推定難聴者数は約1994万人で、人口の15.2%に達する。深刻なのは、聴覚の異変は初期の自覚症状が少なく、「空耳だろう」と放置して悪化するケースも多いことだ。そうした「隠れ難聴」が多く存在するからこそ、“気がついたら認知症”というケースが出てくるのだ。山中医師が続ける。

「中高年の耳の異変は本人ではなく、家族が気づくケースが多い。妻や子供からテレビの音量が大きすぎるといわれたり、“聞き間違いや聞き返すことが増えた”と言われたら危機意識を持つべきです。鼓膜や外耳などに障害が生じて音が内耳まで伝わらない『伝音難聴』の疑いがあります」

 そうした伝音難聴は、高齢者の場合「耳垢」が原因であることが多い。

「『耳が急に聞こえにくくなった』という高齢者でかなりの頻度で見られるのが、たまった耳垢が耳を塞ぐ『耳垢栓塞』のケースです。耳垢を取り除くとすぐに聴力が回復しますが、放置すると伝音難聴が悪化するので要注意です」(山中医師)

 些細な聞き間違いを“単なる空耳”と思って放置すると、どんどん耳が聞こえなくなるかもしれないのだ。

※週刊ポスト2017年10月27日号

関連記事(外部サイト)