うつ病はこれまで問診で診断していたが、血液検査によるうつ病判定法が開発され普及中

記事まとめ

  • “血液検査革命”で、あらゆる病気が発見できる時代になりつつあるという
  • 血液検査でわかる病気はがん以外にも脳梗塞などの発症リスクを判定する検査法が実用化
  • さらに、これまで問診で診断していたうつ病も、血液検査による判定が普及しつつある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております