ホワイトタイガーの餌やり等動物園バックヤードツアーが人気

ホワイトタイガーの餌やり等動物園バックヤードツアーが人気

ホワイトタイガーの寝室前で肉片をあげられる

 普段は入れない、動物園や水族館の禁断の舞台裏。そこに足を踏み入れてみると、飼育の裏話が聞けるだけでなく、動物たちの意外な素顔も垣間見られる…と、子供だけじゃなく、大人にも大人気のバックヤードツアー。

 伊豆アニマルキングダム(通称アニキン)では、檻に動物を閉じ込める一般的な展示スタイルではなく、柵で囲った広大な土地に動物たちを放し飼いにしたウォーキングサファリが特徴。そのため、各所で動物に触れたり、餌やりができる。

 そんな“アニキン”のバックヤードガイドは2コース。中でも人気は、ホワイトタイガーの餌やり。唸り声を間近で聞き、鋭い牙や爪を目の当たりにすると、飼育員がそばにいても、さすがにちょっと怖い。しかし、柵に前足をかけた時にちらりと見えるピンクの肉球がとってもキュートで、思わず癒されること間違いなし!

【伊豆アニマルキングダム】
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3344
年内は12/12~12/14
「ホワイトタイガーバックヤードガイド」(500円)と「草食動物バックヤードガイド」(500円)を毎日実施。所要時間各約30分。定員各30名。当日受けつけ・先着順。

 続いて、円柱水槽を上下に泳ぐアザラシを見られるなど、動物たちの自然な生態を引き出す“行動展示”が話題の旭山動物園にもバックヤードツアーがある。

 動物園イチオシは、普段見られない檻の中の様子が見学できる「動物園裏側探検」と冬季限定の「開園前の動物園ひとりじめ」ツアーだ。アザラシやカバなどの行動展示はいつも人だかりでゆっくり見られないが、このツアーなら思う存分写真撮影もできる。

 ともにツアー代は無料とあって人気が高く、事前申し込みが必要。3週間前からの受けつけで先着順なので、早めに予約をしておこう。

【旭川市 旭山動物園】
北海道旭川市東旭川町倉沼
年末年始
年内は、【1】12月9日「動物園裏側探検」【2】12月16日「開園前の動物園ひとりじめ」を予定。3週間前の土曜(【1】は11月18日、【2】は11月25日)午前9時から電話受けつけ開始。参加料は基本無料。定員20~40名。

※女性セブン2017年11月30日・12月7日号

関連記事(外部サイト)