闘病から逃病を選んだ医師 「そのほうが豊かな人生送れる」

闘病から逃病を選んだ医師 「そのほうが豊かな人生送れる」

病気と闘うばかりが正解とは限らない

 体に不調を覚えると、医師の診断を受けて病名と治療方針が示されたのち、病気が治るまで投薬や手術を受け続ける──これが一般的な「闘病」のプロセスだ。

 しかし、必ずしも正面から向き合うことばかりが病気との闘い方ではない。自分の人生を最後まで自分らしく生きるために、治療を拒否する「逃病」という選択をする人がいる。

 タクシー運転手の西村繁治さん(69)は、65歳のときに妻に勧められて市の定期検診を受けたところ、初期の前立腺がんが発覚。直後は「ゴナックス」という前立腺がんを治療する薬を定期的に注射していたが、半年で止めてしまった。

「1か月に1度注射を打ちに行くたびに『自分は病人だ』ということを自覚させられることが何よりも嫌でした。いまのところ、がんのせいで痛むこともなければ、仕事に支障もない。定期検診も受けてません」

 そんなことを医者が許さないと思うだろうが、患者を治すことが使命である医師の中にも、西村さんのように「逃病」を実践している人がいる。社会福祉法人「同和園」附属診療所の医師・中村仁一氏(77)だ。

 10年前、中村医師は顎の下にしこりを発見。医師ゆえ「これは、がんだ」と直感したが、精密検査を受けていないため、しこりの正体はいまだわからない。

「おそらく悪性と良性が混ざっている混合腫瘍だと思いますが、検査を受けて確認するつもりはありません。腫瘍を調べるために組織を切り取ったり、針を刺したりする痛みが嫌いなんです。

 しかも仮にがんだったら、自分じゃない医師から抗がん剤治療を勧められるだろうし、家族からも治療を要求されることは目に見えています。でも私は、抗がん剤治療がもたらす苦痛にあえぎ、生活の質を落として死ぬのは嫌なんです」(中村医師)

 顎の下にあるしこりは今も少しずつ大きくなっている。

「しこりが唾液腺の神経に触っているので喋るとつばが出にくくなりますが、自分が『逃病』を選んだ結果なので、家族や周囲に愚痴を言うつもりはありません」(同前)

 西村さんや中村医師は、「闘病」より「逃病」のほうが豊かな人生を送れると確信している。

「私はこれまで、医師として末期がん患者を300人以上看取ってきました。その経験から、がんはそのままにしたほうが治療するより痛みが少なく、長生きできると感じています。

 がんの痛みは、主に抗がん剤の副作用によるものです。薬を飲まず、がんを放置しておけば痛みは少ない。しかも抗がん剤が高い効果を発揮するのは精巣がんや白血病など一部のがんだけで、その他のがんに対しては腫瘍を小さくすることはできても完治は難しい」(同前)

※週刊ポスト2017年12月8日号

関連記事(外部サイト)