自殺はなんとか回避を DV・借金・仕事等悩み別相談先リスト

自殺はなんとか回避を DV・借金・仕事等悩み別相談先リスト

コロナ騒動で思い詰める前に

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、仕事を休まざるを得ないという人も多いだろう。仕事がなくなり自宅待機になれば、当然給料も減り、生活は苦しくなってくる。また、自営業者のなかには、廃業に追い込まれる人もいるだろう。

 そんな中、心配なのが、経済的・精神的に追い込まれ、自殺を考える人が増えることだ。元NHKの報道ディレクターで、自殺対策支援センター ライフリンクの清水康之さんはこう話す。

「自殺者(523人)の関係者を調査したところ、自殺した人は、借金・生活苦・多重債務・うつなど、平均4つの悩みを抱えていたことが明らかになりました。だからこそ、専門家が連携して、問題解決に当たる必要があるのです」

 そこで問題を解決するための「相談先」を悩みの種類別で紹介する。

◆法的トラブル

【法テラス(日本司法支援センター)】
 法的なトラブル解決のための情報やサービスを、全国どこからでも受けられる社会を目指し、国が設立。法制度に関する情報と相談機関・団体等に関する情報を無料提供、収入・資産等が一定以下の場合の無料の法律相談、弁護士・司法書士に手続きを依頼した場合の費用等の立て替え(分割払い制度あり)等を行う。

相談内容:借金、男女、労働、相続など幅広く相談可、
対応:電話は平日9〜21時(土曜〜17時)。また、犯罪被害支援は専用ダイヤルあり。

【みんなの人権110番】
 さまざまな人権問題についての相談を受け付け。ほかに、女性の人権ホットライン、インターネット人権相談窓口等もある。

相談内容:差別や虐待、パワハラなど。
対応:電話(平日8時半〜17時15分)、メール(公式サイト内の相談フォーム)。相談は無料。

◆食べ物がない

【セカンドハーベスト・ジャパン】
 品質に何の問題もないのに廃棄される食品を引き取り、児童養護施設や路上生活者等に無償で届けるフードバンク。

支援内容:東京・神奈川・埼玉で直営・提携拠点にて個人向け支援も。
対応:食料提供場所は公式サイト内「食品を受け取りたい方へ」で確認。

【こども食堂ネットワーク】
 こども食堂は貧困家庭を中心とした子供などに無償か廉価で食事を提供する事業。大人も利用可。同ネットワークには、全国の約650軒が参加している。

相談内容:近隣のこども食堂紹介など。
対応:電話・メール(平日10〜18時)

◆借金

【多重債務による自死をなくす会 コアセンター・コスモス】
 法律家と連携し、自死防止や自死遺族の支援活動などを行う。

相談内容:多重債務問題に特化した自死防止相談、自死遺族個別相談、相続問題など。
対応:電話(9〜20時)、メール(公式サイト内の相談フォーム)。相談は無料。

◆仕事トラブル

【労働相談ホットライン】
 全労連が開設している電話で、地域の労働相談センターにつながる。労働問題に詳しい専門家が対応。

相談内容:回顧や雇止め、不払いなどの藤堂問題。
対応:電話(平日10〜17時 ※地域によって異なる)、メール(公式サイト内の相談フォーム)。相談は無料。

【過労死110番 全国ネットワーク】
 過労死をなくすことを目的とする弁護士の団体。過労死についての相談や法的対応、過労死を防止するための情報を発信。

相談内容:過労死について。
対応:電話(平日10〜12時、13〜17時)、メール(公式サイト内の相談フォーム)。具体的事案は面談(有料)。

◆DV、性被害

【DV相談ナビ】
 最寄りの相談機関(配偶者暴力相談支援センター等)に自動転送され、直接相談できる。

相談内容:配偶者や恋人等からの暴力(DV)。
対応:電話(受付時間は地域によって異なる)。相談は無料。

【性犯罪被害相談電話】
 全国共通の性犯罪被害相談窓口の短縮ダイヤル。「#8103」に連絡すると、各都道府県警の相談窓口へとつながる。緊急の場合は110番へ。

相談内容:性犯罪被害者からの被害相談等。
対応:24時間365日受付。相談も通話料も無料。

◆子育て問題

【子どもの虐待ホットライン】
 親や子どもにかかわる現場で経験を積んだ専門家が対応してくれる。匿名で相談ができるので安心。18才未満の子どもからの相談も可。

相談内容:子育ての悩みや虐待、DVなどにかかわること。
対応:電話(平日11〜17時)。相談は無料。

【児童相談所 子育ての悩みなど相談ダイヤル】
 子育ての悩みなどを電話相談できる児童相談所相談専用ダイヤル。

相談内容:子育てに関する悩みなど。
対応:24時間受付。相談は無料。ほかに虐待通告等を受け付ける児童相談所虐待対応ダイヤル「189」がある(相談料・通話料ともに無料)。

◆介護

【認知症の人と家族の会】
 47都道府県に支部があり、認知症への理解を広める啓発活動や電話相談等を実施。

相談内容:認知症、介護の悩み等。
対応:電話(平日10〜15時)。相談無料。

◆メンタル

【こころの耳】
 働く人のメンタルヘルスに役立つ情報を提供。労働者やその家族、事業者からの相談にも応じている。

相談内容:心身の不調や不安・悩みなど。
対応:電話(月・火17〜22時、土・日10〜16時 ※祝日を除く)。相談無料。

【UTU-NET「うつをこえて」】
 日本うつ病センターが、うつ病に関する詳細な情報提供を目的として運営するウェブサイト。

支援内容:「こころの病気のセルフチェック」や、うつを克服した人の体験談などを紹介。病院検索へもリンク。
対応:電話等の受け付けはなし。

※女性セブン2020年4月30日号

関連記事(外部サイト)