外出自粛でも動画で名作を鑑賞できる「ネット美術館」7選

外出自粛でも動画で名作を鑑賞できる「ネット美術館」7選

動画鑑賞"ネット美術館"7選

外出自粛でも動画で名作を鑑賞できる「ネット美術館」7選

神奈川県のポーラ美術館

 全国各地の美術館は展覧会の延期・中止や休館という苦渋の決断を下す一方で、動画のネット無料配信で趣向を凝らした新たな美術鑑賞の醍醐味を美術ファンに届けている。自宅に居ながらにして名作名画を心ゆくまで堪能してほしい。

【ポーラ美術館(神奈川)】日本女性の装いの変化を美人画で辿る

 日本の洋画家の重鎮である岡田三郎助の作品を中心に、明治から昭和初期に急速に洋装化していく女性の装いをテーマに、絵画や化粧用具などを展示。近代美術や化粧関係の専門家がそれぞれの観点から解説する。オープニングで見るからに緊張していた解説者が、次第に気持ちがほぐれ口調が滑らかになっていく。最後には「ぜひ2回は来て!」とアピールするなど、人間味溢れる和やかな雰囲気で美術や衣装、社会風俗の歴史を学ぶことができる。

『モダン美人誕生 岡田三郎助と近代のよそおい』展
※2019年3月17日に終了した展覧会の動画
美術館情報/2002年開館。ガラスをふんだんに使った建造物が目印。印象派の絵画を中心に約1万点を収蔵するほか、四季折々の自然が楽しめる遊歩道も

【三菱一号館美術館(東京)】撮影スタッフの注文あり、猫談義ありのハプニング美術鑑賞

 坂本龍一・矢野顕子夫妻の長女であるミュージシャン・坂本美雨を聞き手に、高橋明也館長が自ら解説する。次第に熱が入ると、撮影スタッフに「ポイントを絞らないと5時間コースになる」と指摘されたが、「いいじゃないのw」などの視聴者コメントで画面が埋め尽くされた。互いに猫好きであることがわかり、猫談義で脱線する一幕も。最後に坂本の最も印象に残った1点を再び観るために、鍵の閉まった展示室を大慌てで開けるハプニングも。

『開館10周年記念 画家が見たこども展』
※6月7日まで開催予定の展覧会(臨時休業中)の動画
美術館情報/2010年開館。建築家ジョサイア・コンドルの設計を復元した赤煉瓦造が特徴

【横浜美術館(神奈川)】抽象彫刻の作者自らが語る創作の知られざる裏側

 東京スカイツリーのデザイン監修でも知られる彫刻家・澄川喜一氏の個展開催を記念し、澄川氏と東京藝術大学名誉教授で彫刻家の深井隆氏の対談を収録。師弟関係だった2人の息はぴったりで、それぞれの作品の解説はもちろんのこと、大学時代に深井氏が直接目にした若かりし日の澄川氏のエピソードも楽しく語られる。当時から木彫の可能性を口にしていた澄川氏の木に対する熱い想いが伝わる。

『澄川喜一 そりとむくり』展
※5月24日まで開催予定の展覧会(臨時休業中)の動画(開館情報は横浜美術館ウェブサイトにて要確認)
美術館情報/1989年開館。港町・横浜にふさわしい近現代の美術に焦点をあてた作品収集で毎回人気の展覧会を開催

【京都国立近代美術館(京都)】楽しいツッコミで学ぶチェコのデザイン史

 戦争、占領、政変など、激動の100年間にあって世界を魅了するプロダクトやアートを生み出し続けてきたチェコのデザインを紹介。歴史軸に沿って解説されるため、チェコの辿ってきた足取りも学ぶことができる。どのデザインも特徴的で、「これは普通に欲しい」「ポスターなのに何の映画か分からない」「造形としてはおもしろいけど……何に使うんだろう?」など、一般目線のツッコミも楽しく、解説者3人のチェコへの深い愛がほとばしる。

『チェコ・デザイン 100年の旅』
※7月5日まで開催予定の展覧会(中止)の動画
美術館情報/1963年開館。京都を中心に、西日本の美術や工芸に重点を置いた京都を代表する近代美術館

【東京国立博物館(東京)】カメラのズームアップが引き出す驚きの臨場感

 国の重要文化財に指定される『仏涅槃図』と、国宝『十六羅漢像』を同館研究員・沖松健次郎氏が丁寧に解説する。絵画の隅々をカメラがズームアップし、さながら目を細めて館内を巡る臨場感に浸ることができる。たとえば『仏涅槃図』。穏やかな表情や膝を抱えて落胆している姿など、釈迦が亡くなった時の人々の様子が豊かに表現されていることに気付かされる。そして『十六羅漢像』では、色の使い方を重視した作画だったことに驚かされる。

『オンラインギャラリーツアー 沖松研究員が語る、仏涅槃図の世界』
※オンライン限定の動画
美術館情報/1872年創設。日本で最も歴史の長い博物館。国宝89件、重要文化財646件を含む、約12万件の収蔵品は圧巻。同館HPでは、沖松研究員以外の研究員によるオンラインギャラリーツアーも公開中

【東洋文庫ミュージアム(東京)】美術ライターと学芸員による女子トークに癒やされる

 美術系ライターとして活躍する橋本麻里氏と、同館学芸員・篠木由喜氏による解説は、冒頭から「……思わず見つめ合ってしまいました(笑い)」と終始微笑ましい絶妙の掛け合いで楽しい。天井まで埋め尽くす書棚が圧巻のモリソン書庫は見どころのひとつだが、「ちなみにここをコスプレ会場として貸し出すこともあるんですよ」「えっ!」など、驚きのマル秘情報も満載。最後のミュージアムショップでは意外な商品が販売されていることも紹介する。

『大清帝国展』
※5月17日まで開催予定の展覧会(休館中)の動画
美術館情報/1924年開館。三菱財閥創始者・岩崎弥太郎の長男である久弥が創設したアジアの研究図書館。2011年よりミュージアムを併設し、一般の利用者も受け入れている

【国立西洋美術館(東京)】晩年のモネの名画など所蔵作品を心ゆくまで堪能

 Googleのストリートビューを活用し、行きたい場所、観たい作品に向かって自由に常設展示室を回ることのできるデジタル展示。年間来館者数約150万人(令和1年度)を誇る美術館を、誰にも邪魔されず鑑賞できる贅沢をバーチャルに堪能できる。作品をクリックすると詳細な解説文が表示され、絵を拡大することも。展示作品には、モネやルノワールなど名だたる世界の巨匠も含まれる。さらに美術館研究員が各作品の見どころなどを解説した動画も楽しめる。

『Google arts & culture』
国立西洋美術館(常設展)美術館情報/1959年開館。中世末期から20世紀初頭までの西洋絵画やフランス近代彫刻を主に展示。建物は2016年に世界文化遺産に登録された。

※週刊ポスト2020年5月8・15日号

関連記事(外部サイト)