西日本のお取り寄せ かき、うに、からすみ、角煮など10選

西日本のお取り寄せ かき、うに、からすみ、角煮など10選

京都 「但馬牛・牛肉ちりめん」

 外出自粛が推奨され、宴席を楽しむこともなくなったいま、残された自宅での晩酌をどう盛り上げるかを考えるのが常だ。そこで晩酌のお供となる全国の「お取り寄せおつまみ」から、西日本の10府県の品を厳選。以下で紹介する。

【京都】但馬牛・牛肉ちりめん 3780円(140g)

 ブランド牛「但馬玄(たじまぐろ)」とちりめんを秘伝の出汁で炊き合わせ、和歌山県産ぶどう山椒を加えた一品。但馬牛の深い旨味と山椒の刺激に、杯も進む。

・三味洪庵:京都府京都市東山区三条通北裏白川筋西入石泉院町393

【鳥取】とうふちくわお試しセット(12本入り) 3456円(豆腐竹輪蒸し、豆腐竹輪焼き、ねぎとうふ、生姜とうふ、カレーとうふ、鳥取和牛とうふちくわ各2本)

 豆腐と魚のすり身で作る「とうふちくわ」は、鳥取県民のソウルフード。賞味期限4日間の繊細な味と柔らかな食感を、酒とともに満喫したい。

・ちむら:鳥取県鳥取市河原町布袋556

【兵庫】明石だこのやわらか旨炊き 1280円(150g)

 明石海峡で育った真ダコを、醤油ベースのほどよい甘辛味で真空加熱調理。プリッとした食感と、噛むほどに出てくる甘味がたまらない。

・伍魚福:兵庫県神戸市長田区野田町8-5-14

【島根】天女の羽衣(あなご一夜干し) 1620円(中・1尾無頭・200〜250g)

 一日漁で水揚げされた、新鮮で丸々と太った真アナゴを一夜干しに。ふっくら肉厚な身の旨味と皮の香ばしさが、晩酌を贅沢に盛り上げる。

・岡富商店:島根県大田市久手町波根西1988-3

【広島】カキ大将 2160円(10本)

 プランクトンが豊富な広島湾で育った大粒の牡蠣を、長年継ぎ足し続ける秘伝ダレに漬け込んだ。日本酒、白ワインが欲しくなる。

・ふくびし:広島県広島市西区中広町3-3-9

【山口】赤間うに 2160円(55g)

 下関で創業100余年の粒ウニ専門店の看板商品。ムラサキウニとバフンウニをブレンドし、アルコールと塩分は控えめ。ウニの風味をしっかり感じる。

・うに甚本舗:山口県下関市幸町6-8

【愛媛】じゃこ天セットA  2600円(手押してんぷら10本、紅白かまぼこ2本)

 地元の小魚ハランボ(ホタルジャコ)を100%使い、職人が手押しで作った揚げかまぼこ。皮や骨ごと使いカルシウムたっぷりで、歯ごたえを感じる。

・野中かまぼこ店:愛媛県宇和島市堀端町1-53

【長崎】東坡煮(とうばに) 2786円(6個)

 中国宋代の詩人、蘇東坡が愛したことから名づけられた東坡煮は、長崎のしっぽく料理にかかせない豚の角煮。創業120余年の旅館の板前が手作りで調製する東坡煮は、とろけるようなやわらかさ

・坂本屋:長崎市金屋町2-13

【熊本】天草産うにからすみ 2700円(60g)

 日本三大珍味の一つ、九州名産の生カラスミと天草近海のバフンウニを1対1の割合でブレンドし、低温熟成させた。何ともいえない濃厚さ。

・丸健水産:熊本県天草市五和町二江4662-5

【大分】宇佐 開運勝ちえび1404円(70g)

 豊前海で水揚げされた赤エビを干した長洲の特産。棒で叩いて殻を取り除く時にカチカチと音がしたことから縁起物「勝ちえび」と呼ばれる。

・上野水産:大分県宇佐市大字長洲4287

(*商品の価格は税込み、2020年4月27日現在のもの)

撮影■岩本 朗 文■上田千春・戸田梨恵・城川佳子

※週刊ポスト2020年5月8・15日号

関連記事(外部サイト)