左右の視力差「0.5」以上にリスク 疲れやすく、頭痛を引き起こすことも

記事まとめ

  • 血圧を計った際、左右で10以上の血圧差が続く場合は動脈硬化や糖尿病の疑いもある
  • 左右で視力差が0.5以上ある人は疲れやすく、頭痛などで日常生活にも影響が出ることも
  • 特に利き目の視力が落ちた場合、雑踏で人にぶつかったり、転んだりする可能性が高まる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております