営業再開USJ、コロナ後の楽しみ方 距離を保ってショー鑑賞

営業再開USJ、コロナ後の楽しみ方 距離を保ってショー鑑賞

営業再開と同時に入場前検温を実施(写真提供/USJ)

 小雨の中、入口の前にはたくさんの人。みな一様に距離を保ち、整然と並ぶ──“#ユニバ再開”の言葉がSNSでトレンド入りするなど、パーク再開を心待ちにしていたファンは弾けるような笑顔を見せた。

 新型コロナウイルスの影響により、2月29日から約3か月間臨時休業していたユニバーサル・スタジオ・ジャパンが、移動自粛要請全面解除を受けて、6月19日に一般営業を再開。入場者は当面、全国の年間パス所有者と前売りチケットを購入した関西2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)在住の人を限定に制限しており、来園者はマスク必須など条件はさまざまある。“ウィズコロナ時代”にパークを安全安心に楽しむための新常識とは?

◆入場前はしっかり検温!

 フェイスガードにマスク、手袋を着用したクルーによる検温を受けてからパーク内に入場。フィジカル・ディスタンス確保のため、入場前やアトラクションの待ち列に足元サインを設置し間隔を確保する。

 座席やアトラクションの安全バーなどもクルーが定期的に消毒作業を行い、エントランス入場前、アトラクション、レストランやショップなど施設内各所にも消毒用アルコールが設置されている。こまめな手指消毒が可能な環境に。

 新型コロナウイルスの感染第2波に備えて、大阪府が導入した「大阪コロナ追跡システム」は、QRコードを読み取りメールアドレスを登録することで、感染の発生状況をメールで通知してくれる。

◆人気のショーも工夫をこらして、会場は大盛り上がり

 より近くで楽しみたい! という人で詰めよせていたライブ・パフォーマンスも、足元サインから出ないよう、来園者同士のディスタンスを保ち、飛沫などが飛ばない距離で鑑賞する。しばらくの間、アトラクションは座席を前後一列空けての運行となる。

 園内のレストランは座席数を減らし、対面による飛沫を防止するため、横並びでの着席を推奨。食事をしているときはマスクを外すが、隣同士ならリスクを減らせる。また、熱中症対策を考慮して新たに設置された“マスクフリーゾーン”。マスクを外しての休憩もマスト!

◆パークの仲間たちともソーシャルディスタンス!

 ミニオンやスヌーピーなど園内を歩く人気キャラクターとの触れ合いも新時代はNGに。ハイタッチやハグではなく、“エアタッチ”や、前後に距離をあけての写真撮影など、ディスタンスを保って交流しよう。

※女性セブン2020年7月9日号

関連記事(外部サイト)