蚊に刺されやすい血液型はある? 専門家の見解は

蚊に刺されやすい血液型はある? 専門家の見解は

刺されやすい血液型はある?(イラスト/つぼゆり)

 夏になって蚊が増える季節だ。かゆみや羽音など、不快感を覚える人も少なくないだろう。まずは、“敵”の実態を知ることで対策もわかるかも!? そこで今回は、Q&Aで蚊の知識をお伝えする。

Q.蚊に刺されやすい人ってどんな人?

A.運動をして汗をたくさんかいたり、お酒を飲む人に、蚊は引き寄せられる。

 蚊を引き寄せる要素は、主に4つ。熱(体温)、二酸化炭素、水分、汗のにおいである。アース製薬ブランドマーケティング部・渡辺優一さんはこう語る。

「これらの中で多くの要素を併せ持つのが、屋外で運動をする人やお酒を飲む人です。運動をすると体温が高くなりますし、呼吸が荒くなることで口から出る二酸化炭素の量も増えます。そしてもちろん、汗もかきます。キャンプ場には茂みが多く、環境的にも蚊が多いうえ、お酒を飲む人が多いので、特に注意が必要です。また、もともと子供は刺されやすいといえます。大人より体温が高めで肌の水分量が多いうえ、汗をかきやすいからです」

 また、暗い色を好むため、黒っぽい服を着ていると蚊が寄ってきやすいという。なお、マスクをしていれば二酸化炭素がマスクの外に出ていかないかといえば、さにあらず。

「蚊の“二酸化炭素探知センサー”は侮れません。マスクの僅かな隙間から漏れ出る二酸化炭素をキャッチします。むしろ、マスクをつけることで体に熱がこもりますし汗もかきやすくなるため、より一層、蚊を寄せつけることになるかもしれません」(渡辺さん)

 だから私は刺されていたのか!

Q.刺されやすい血液型ってある?

A.実験ではO型に軍配が! しかし基本的に血液型は関係なし。

 害虫防除技術研究所所長の白井良和さんはこう言う。

「4種の血液型のかた64人を対象に、どの血液型が刺されやすいか実験したことがあります。結果、O型、B型、AB型、A型の順番に刺されやすかったのですが、原因は不明。血液型物質は関係ないことがわかっているため、O型の血が特においしいということではないと思います」

Q.独特の羽音がキライ!なんであんな音を出すの?

A.安心してください! 年を取ると聞こえづらくなる!

 蚊の「プ〜ン」という音は、羽を動かすときに出る音。通称“モスキート音”などと呼ばれる。「蚊が羽ばたく回数は1秒間に500〜800回で、昆虫の中でもその速さはトップクラスを誇ります。そして1秒間に何回羽を羽ばたかせるかを表す『羽音周波数』は300〜600Hz。人間には500Hzくらいから、耳に突き刺さるような高音に感じられるため、蚊の羽音は不快に感じられるのです」(白井さん)。

 しかし、人間は年を取るに従いこの高周波数の音を聞き取りにくくなる。そのため、モスキート音は、20代前半までの若者にはよく聞こえるが、それ以上の年代の人には聞こえにくいとされる。

 この習性を利用し、深夜に店の前などにたむろする若者たちにモスキート音を聞かせて退散させる機械「モスキート」が2005年にイギリスで開発された。日本でも深夜営業の商業施設などで導入が進んでいる。

Q.蚊って何種類いるの?

A.日本には約100種世界では3000種類以上

「世界には3000種以上の蚊がいますが、日本に生息する蚊は約100種類。その中で実際に血を吸う蚊は約30種類です。身近にいる蚊の代表例は、ヒトスジシマカとアカイエカですが、ほかにも、地下鉄や地下の排水がたまった場所などに生息する『チカイエカ』、ヒトスジシマカより一回り大きく攻撃的で、ジーンズの上からでも血を吸う『オオクロヤブカ』などが知られています」(渡辺さん)

Q.蚊に刺されたとき、痛くないのはなぜ?

A.「蚊に刺されても痛くない理由は、蚊の針は予防接種などで使われる注射針よりずっと細く、通常の針の10分の1ほど。そのため、人の皮膚に点在する、痛みを感じる神経“痛点”に当たらないことが多いからです」(白井さん)

※女性セブン2020年7月9日号

関連記事(外部サイト)