第3の胃がん検診と呼ばれるABC検診 医師がメリットを解説

第3の胃がん検診と呼ばれるABC検診 医師がメリットを解説

まずは自分のリスクを知ることから(イラスト/河南好美)

 人間ドックなどの際に、胃がんの検査として「胃カメラか、バリウムか」という2択を示されることが少なくない。「胃カメラは“オエッ”となる感覚が苦しい」「バリウムは飲んだ後にゲップを我慢するのがつらい」といった具合にどちらも敬遠されがちな検査だが、新たな選択肢となりつつある「ABC検診」について解説する。

 現在、国が推奨する胃がん検診はバリウム検査と上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)の2つだが、“第3の選択肢”として注目されているのが胃がんリスク検診だ。血液検査で「ピロリ菌感染の有無」と「胃粘膜の萎縮の程度」を調べ、胃がんリスクをA、B、C、Dに4分類することから「ABC検診」とも呼ばれる。『週刊ポストGOLD 正しい健康診断』の中で、マールクリニック横須賀院長の水野靖大医師はこう語っている。

「胃がんの原因の99%を占めるといわれるピロリ菌の感染がなく、胃粘膜の萎縮もない人が『A群』で最もリスクが低いと評価されます。このグループは、胃がんになる可能性はかなり低い」

 以下、低リスク順に、

●B群=ピロリ菌感染あり、胃粘膜の萎縮は軽度
●C群=ピロリ菌感染あり、胃粘膜の萎縮が進行
●D群=現在はピロリ菌に感染なしだが、かつて感染していたなどで胃粘膜の萎縮が重度と分類される。

「ABC検診を実施している神奈川県横須賀市のデータでは、A群以外の人への胃カメラ検査では、B群からは0.63%、C群は1.74%、D群は1.79%の割合でがんが見つかりました。

 胃がんが見つからない場合も、B、C群の人はピロリ菌を除去し、今後の胃がんリスクを下げる、D群の人は年に1回は胃カメラを受けるといった、その人のリスクに応じた対策が可能になるのです」(水野医師)

 胃カメラなど体に負担がある検査へ進む人をスクリーニングできるのが特徴だ。実施主体にとっては費用を抑えられるメリットがあり、患者にとっても望ましい面がある。

「“いきなり胃カメラ”より、“まずは採血”のほうが心理的ハードルは下がります。多くの人に効率よく、必要な検査を受けてもらうために、ABC検診は有効な選択肢だと考えています。自治体が補助金を出している場合は1000円台、クリニックなどでも数千円の自己負担で受けられます」(水野医師)

 検査が苦しい、つらいといった理由で胃カメラやバリウムを避けている人は、まず自分の胃がんリスクがどの程度かを知ることから始めるという考え方もあるわけだ。

※週刊ポスト2020年7月1日号増刊『週刊ポストGOLD 正しい健康診断』より

 

関連記事(外部サイト)