「老眼鏡デビューは40代から」が新常識 眼科専門医が解説

「老眼鏡デビューは40代から」が新常識 眼科専門医が解説

眼科専門医の平松類さん(二本松眼科病院副院長)

 アラフォーになると、スマホの地図が読みにくく、何度も拡大しては表示されるビルの名称や目印を見直すこと、ありますよね。文庫本の文字が読みづらくて、最近はもっぱら電子書籍ばかり読んでいる、という人も……。見た目は若くて体力があっても、目だけは年相応に老けるのがつらいところ。そう、だれにでも平等に、容赦なくやってくる「老眼」と、残りの人生をどうつき合っていけばいいのでしょうか?

 アドバイスをくれたのは、著書『患者が絶えないカリスマ眼科医がやっている 失明しない習慣』を上梓したばかりの眼科専門医の平松類さん(二本松眼科病院副院長)。飛行機や新幹線に乗ってでも定期的に通い、診察を受ける患者が絶えないという注目の眼科医です。なんたって先生自身が40代前半、そして視力0.04〜0.06のメガネ男子。目の老化は、ヒトゴトではないのです。

◆40代半ばから始まり、50代ならみんな老眼

 まず迷うのが、目が疲れているから見えにくいのか、老眼だから見えにくいのかの判断。そこで「老眼なのかそうでないのか」がわかる方法を教えてもらいました。以下の5項目をチェックしてみましょう。「1つでも当てはまるものがあれば、老眼の症状が始まっていると考えてください」(平松先生)。

□手もとの文字が見づらい
□本や新聞の文字を読むと疲れる
□夕方にものが見えにくくなる
□細かいものを見ているとイライラすることがある
□肩こりが頭痛などの不調を感じる

 平松先生いわく、「老眼とは、“目のピントを合わせる能力が衰えた状態”のこと。ピントは、目の筋肉の〈毛様体筋〉と、レンズの働きをする〈水晶体〉によって調節されています。老眼では、毛様体筋の力が落ちるとともに、水晶体が固くなっています」。そしてなんと、「老眼は、40代半ばぐらいからなるもので、50代ともなれば、だれしも関係ないとは言っていられません」!

◆老眼をほうっておくと肩こりや頭痛にも悩まされる

 さらに平松先生の脅し、いや説明は続きます。

「老眼は、老化現象です。残念ながら、一生老眼にならない人はいません。老眼鏡の度数には、+1〜+4ぐらいまであり、どんな人でも必ず+3〜+4のゴールまでいきます」

 先生は、原因の一つに、私たちの生活スタイルがあるといいます。そう、毎日6時間以上、パソコンやスマホを使う生活。これは、“同じ距離(の先にあるもの)をじっと見続ける”という、目にとってはサイアクな行為だそうです。さらに外に出れば紫外線を長時間浴び続ける・・・・・・これも老眼を進行させる要因。また、都市伝説のようにときどき見聞きする「近視がある人は、老眼になりにくい」説は、完全な誤解なのだとか。その誤解に基づいて安心していると、気づかないうちに老眼が進み、肩こりや頭痛などにも悩まされることになるそうです。

◆「何を見たいか」で老眼鏡のタイプは変わってくる

 平松先生は、「できるだけ早めに老眼鏡をつくりましょう」とすすめます。え、でもまだ40代になったばかりだし、1日じゅうずっと見えにくいわけではないし、そもそも早くから老眼鏡に慣れてしまったら、+4まで進むスピードも早まるのでは・・・・・・と思っていたら、その考えも誤解なのだとか。

「老眼鏡をした人ならわかると思うのですが、老眼鏡のレンズは、ゆがみがきつく、慣れないと頭がクラクラするんです。だから老眼レベルが軽いうちから使ったほうが、老眼鏡に慣れるのが比較的容易で、クラクラからくる事故なども防げるのです」

 では、とりあえず雑貨屋などで売られている老眼鏡を買えばいいかというと、それもまた違うのだとか。

「老眼鏡をつくる際は、必ず眼科を受診し、処方を受けることが重要です。眼科では、ごく小さなリングが並ぶ『近見視力検査表』で検査し、老眼のレベルを判定します。また、医師に、老眼鏡をかけて何を見えるようにしたいのかを伝えます。例えば、本をスムーズに読みたい、パソコンを見るときに使いたい、譜面台の楽譜をしっかり見たい、などです。すると、老眼鏡のピントを合わせる距離がわかり、見たいものをしっかりと見ることのできる老眼鏡が手に入るよう処方してくれます。逆に、具体的に希望を伝えないと、30cmぐらいにピントを合わせることが多く、実際に使ってみたらたいして見えない、つくったけれど役に立たない、という結果に陥りがちなのです」(平松先生)

 最近は、遠近タイプと中近タイプというように、2か所の距離にピントを合わせるタイプの老眼鏡が主流。遠近タイプは、遠くから近くまでひと通り見えるレンズで、運転する場合に適しています。

「遠くはメガネなしで見えるから、手もとだけ見えればいい、と考える人には、遠近タイプがおすすめです。このタイプは、いちいちメガネをかけたり外したりしなくてすむので、周りの人に老眼だと気づかれることもありません」(平松先生)

 中近タイプは、比較的近い距離から手もとまでが見えるレンズ。手元の資料とパソコンのモニターを交互に見るような場合に適しているのだとか。

 また、長年、コンタクトレンズを愛用してきた人にとっては、いったいいつまで装着していられるのか(このまま着け続けて問題はないのか)といった不安も多いはず。答えは、平松先生の最新著書『患者が絶えないカリスマ眼科医がやっている 失明しない習慣』(小学館)に掲載。医師が実践しているからこそ、説得力と安心に満ちた内容になっています。

 

関連記事(外部サイト)