不倫された妻、慰謝料2千万円提示した夫に5千万円もらい離婚

不倫された妻、慰謝料2千万円提示した夫に5千万円もらい離婚

小倉優子は第3子の妊娠を発表した翌月、夫との別居が報じられた

 お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(47才)がワイドショーを賑わせている。15才年下の妻・佐々木希(32才)がいながら、複数の女性と“多目的トイレ不倫”にいそしんでいたことは多くの女性に衝撃を与えた。

 また、妻・杏(34才)の妊娠期間も含め、約3年間にわたって唐田えりか(22才)と関係を持っていた東出昌大(32才)の不倫も記憶に新しい。

 2者のタイプは違えど、夫から最悪の仕打ちを受けたはずの佐々木希と杏は、まだ結婚生活の解消には至っていない。他人事ながら、「離婚した方がいいのでは…」と思う人も少なくないだろう。

 しかし、不倫夫と別れ、多額のお金を得ることができても、心の傷が癒えるとは限らない。その場合は、決して孤独にならないことだ。不倫は、間違いなく「した側」が悪い。親も子供も友達も、そして職場の人も、必ず味方になってくれる。話を聞いて一緒に怒ってくれる人がいるだけで、気分はスッと軽くなる。

 それでも気持ちが晴れず、夫から嫌われてもかまわないと思えるほど腹に据えかねているなら、“復讐劇”の始まりだ。夫婦問題研究家の岡野あつこさんはこう言う。

「ドラマでよくある“社内不倫していた男の妻が職場に乗り込んでくる”というのは、現実でもよくある話。あえて大きな声でわめくことで、必ず夫の上司や同僚にも聞こえるからです」

 夫の両親が健在なら、息子の醜聞を耳に入れてやるのもダメージ大だ。不倫夫に復讐するのに、明確な証拠は必要ないこともある。京都府に住む元キャビンアテンダントの北川玲子さん(39才・仮名)は、不倫夫の「罪悪感」をうまく利用した。

「夫の不倫に気づいて探偵に調査を依頼しましたが、女性の家に通っていることがわかっただけで、決定的な写真は撮れなかった。でも、私にはそれで充分でした。あえて多くを語らず探偵に調べてもらった。すべてわかっている≠ニ夫に詰め寄り、いくら慰謝料を払えるか聞きました。2000万円を提示されましたが、夫の年収から考えれば少なすぎる。夫はかなり外面のいい人でしたから、職場に伝えることを匂わせて、最終的に5000万円の慰謝料を勝ち取って離婚しました」

 数々の女性にアドバイスをしてきた岡野さん自身も、離婚経験者だ。

「私の場合は、離婚した直後より、結婚していた頃の方が経済面は安定していました。元夫は最後まで不倫を認めず、慰謝料はなく、結婚後の財産も隠されました。でも、あんな男は私のためにも子供のためにもいない方がいいと思っての決断です。離婚して正解でした」

 離婚は人生の節目になる。別れるときはもちろん、新たなパートナーが現れたときも、慎重に判断しないと、せっかくの幸せを逃すこともある。

 小倉優子(36才)は第2子を妊娠中に、美容師の元夫(49才)が、自分と同じ所属事務所の後輩タレントと不倫。翌年に離婚し、その翌年に一般男性と結婚したが、第3子の妊娠中に新夫との別居が明らかになった。

 一方で、こんな女性もいる。

「夫の不倫相手と対決して別れさせましたが、夫は数年後にまた別の女性と不倫。でも、2度目の不倫だからか、“夫は仕事はちゃんとしているし、休日は子供の相手もしている。それだけで充分幸せなのではないか”と思い至り、問い詰めずにいました。すると、夫は自然と相手と別れてくれたのです。後になって“子供が成人したら離婚するつもりだった”と打ち明けたら、驚いていました」

 もし、すぐに2度目の相手のところにも乗り込んでいたら、この女性にいまの幸せはなかったのだろう。

 離婚も再構築も復讐も、選んでしまえば、意外と簡単にできるもの。大切なのは、「その後、どうやって幸せになるか」。渦中の妻たちの“英断”に期待したい。

※女性セブン2020年7月16日号

関連記事(外部サイト)