東大卒ママ3人が子育て論座談会、我が子を東大に入れたいか

東大卒ママ3人が子育て論座談会、我が子を東大に入れたいか

法学部卒業の牧田瑞穂さん(32才)には長女(3才)、長男(1才)がいる

「東大生」は、幼い頃から受けてきた教育や育ち方が特別だったりするのか──そんな疑問を持つ人は多いが、『東大卒ママたちに教わる、「東大脳」を育てる3歳までの習慣』(小学館)では、「東大卒ママの会」のアンケートデータを基にした、育脳の実践法を多数掲載している。「東大卒ママの会」に在籍する3人の東京大学卒のママ3人に話を聞いた。

【座談会に参加してくれた東大卒ママ】
牧田瑞穂さん(仮名) 32才・法学部卒業・長女(3才)、長男(1才)
木原麻美さん(仮名) 32才・経済学部卒業・長女(4才)、長男(2才)
竹下貴子さん(仮名) 32才・法学部卒業・長男(3才)、次男(0才)

体を動かすと子供の脳も心も大きく成長する

――子育てでは、どのようなことを心がけていますか? 

木原:私がいちばん心がけているのは、やはりほめることですね。子供が自分でがんばったことを見せたときに、具体的な感想を添えて言ってあげるようにしています。最近でいうと、コロナの影響で一緒に過ごす時間が増えたので、着られなくなった服をいっぱい出して、ぬいぐるみの着せ替えをして遊んだんですよ。

「紫色と水色の組み合わせが合っているね」とか、「ボタンを上手にかけられたね」とほめながら。そこで、帽子がないからと言って、子供が紙に描いたものをテープで貼っていたので、「よく考えたね〜」と。

 見栄えはともかくとして、自分で考えてやったことをほめてあげようと思って。ないものをどうするか、そういう適応能力が見えたときは、よりほめています。

竹下:私はいま、できるだけ体を鍛えさせてあげたいと思っています。保育園の園庭だけではどうしても少ししか遊べないので、公園で徒競走の練習をしたりしてストレスを発散させています。

 体を動かすと脳の成長が促されますし、できる・できないがわかりやすい。成功体験にもなって自信がつきます。

牧田:私は寝る前に必ず絵本を読むようにしています。3才と1才の子供たちはやんちゃでイライラすることもあるんですけど(笑い)、できるだけ就寝前は落ち着いた気持ちで、みんなが好きな絵本を読む。スキンシップもはかれますし、幸せな気分で寝られる。長期的にみたら、その本が思い出になったり親子の共通点になると思うので。

休日の過ごし方は子供にも考えさせ決める

――お子さんに計画性や主体性を持たせるために行っていることはありますか?

竹下:一日の時間割表があるんですけど、休日の朝は何をするか親子で意見を出し合ってスケジュールを決めるんです。「お母さんはブロックと国旗カードで遊びたいけど、あなたは何をしたい?」「ぼくは色水で塗り絵をしたい」と。

 絶対にずらせないのはお昼ご飯や寝る時間なので、じゃあどの時間帯を使って何をしようかと考えながら交渉して、お互いで妥協点を見つける。長男はタイマーが好きなので30分刻みでセットしています(笑い)。

木原:うちもその日、何をするかを話し合って決めます。あと、食育とまではいきませんが、メニューを考えて一緒に作ったりするようになりました。にんじんの皮むきやきゅうりを叩いたりみそを溶くとか、子供でもできるところから。自分で調理を手伝うようになってから、好き嫌いもなくなりました。

牧田:自学自習を率先してやるという面においては、親の姿勢も大切だと思うんです。親がテレビを見ながら「宿題をやりなさい」と言っても、やる気にならない(笑い)。親がテキパキと家事をするなり、資格取得や何かで勉強をするなり自己研さんしていると、子供も効率よく時間を使う習慣を身につけられると思います。

――お子さんにこれだけは絶対にしないということは?

木原:自分の都合で怒ることはなるべくしないようにしています。不注意で何かこぼしちゃったりしたときとか、どうしようもなく自分でも怒りたくなることもあるんですけど(笑い)。まず、どうしてこぼれたのかを聞き、次からどうすればいいのかを子供に考えさせてみる。

竹下:自分の感情で子供に当たっちゃったりするときもあるけど、ちょっと時間をおいてきちんと謝ります。「お母さんがさっき怒ったのは、あなたに対して怒ったんじゃなく、自分がイライラしたせいでした。ごめんなさい」って。

牧田:親子でも意見が食い違ってけんかになることってある。でも、その理由として「お互いに考え方はそれぞれあって、だからいま対立しちゃったけど、それでもいいんだよ」ということは話します。ちょっと話が飛躍しますが、私は「あなたには無理だよ」というニュアンスは子供に伝えないようにしたいと思っていて。

 男の子だから、女の子だからとか、いつの間にか刷り込まれている制限はできるだけ排除するようにしています。同時に、自分の考えがすべてではなくて、みんなそれぞれの考え方があるんだよと。

――お子さんに東大に入ってもらいたいと思いますか?

竹下:別になんでもいいかな。ただ、東大に入ってよかったところだけは伝えたいなと思っていますね。

牧田:周りに意欲的な子が多かったので、それがすごく刺激になったり。地方から来る子もたくさんいますから、その地域のことに触れるきっかけにもなりました。別に国外の大学や専門学校でも短大でもいい。子供自身がなりたい自分になれる場所がどこにあるかを逆算して考えてくれれば。

木原:東大を最終目的にはしてもらいたくない。将来的にどういうことをやりたいかという夢を持って向かっていける人になってほしいですね。

■撮影/矢口和也

※女性セブン2020年7月30日・8月6日号

関連記事(外部サイト)