「死んだ人に会えるVR」実用化なら利用したい? 賛否両論

「死んだ人に会えるVR」実用化なら利用したい? 賛否両論

「死んだ人に会えるVR」賛否

「死んだ人に会えるVR」実用化なら利用したい? 賛否両論

涙を誘った番組の1シーン(C)MBC

 ゲームなどの娯楽だけでなく、ビジネスや教育、医療など様々な分野に進出するVR(バーチャル・リアリティ=仮想現実)技術。ヘッドセットやゴーグルなどをつけ、CGで作られた3次元の仮想空間に没入し様々な擬似体験をすることができる。

 そして今、「死んだ人と会える」VRが登場した。今年2月に韓国大手テレビ局MBCで放映され大きな反響を呼んだドキュメンタリー『ミーティング・ユー』だ。番組は、韓国に住む母親が2016年に血液の病気で急死した7歳の娘とVR(バーチャル・リアリティ=仮想現実)で再会を果たすまでを追ったもの。

 生前に録音された娘自身の声と、同年代の子供の会話データからAIが再構築した音声が使われた。動き回る姿は、生前の写真や動画から仕草などを分析し、3D動画を作り出したという。

 今後、「死者に会えるVR」がもし実用化したら、誰に会い、何を聞きたいだろうか。2006年に脳溢血で倒れた実父を、1年半の在宅介護を経た後に見送った経済アナリストの森永卓郎氏はこう語る。

「父の介護は妻も私も最善を尽くしたので後悔はありませんが、今もしVRで会って話せるとしたら、聞いてみたいことがある。戦争中の話です。父は海軍予備学生として召集され、蛟龍という特殊潜航艇の乗組員として特攻訓練を重ねて終戦の2週間後には出撃予定でした。訓練中、海上に浮上してハッチを開けたら、広島に原爆が落とされているのを海上から眺めたといいます。生前はその頃の話を一切しなかったので、戦争の時代をどう生き、どう感じたか聞いてみたい」

 ただ、森永氏は「本当のことを言えば、情緒的な事柄以上に死後の手続きに関わる実用的な情報を聞きたかった」とも話す。

 森永氏の父は在宅介護中に結腸がんの手術を受け、その後は寝たきりとなったため介護施設に入所した。その頃には父自身が預金口座や株など資産の在処を忘れてしまっており、死後は手続きに追われたという。

「父は10以上の口座を持っていたので、遺産整理をするために私は実家に篭って銀行や証券会社、父の勤め先等からの郵便物を1通ずつ確認するなど本当に大変でした。相続税の納付は10か月後までにキャッシュで支払わなければいけない短期集中戦。もし口座がリスト化されていたら作業は半減できたはず。今はもう手遅れですが、その当時資産の在処を完璧に把握していたはずの父にVRで会えていたら……と思います」

 2004年、6年に及ぶ闘病・介護生活の末に妻を乳がんで亡くしたジャーナリストの田原総一朗氏はこう言う。

「妻にはもちろん会いたい。私は妻の介護や看取りに悔いは一切ありません。だからこそVRでもし会えたら、言葉は何も交わさず、愛している者同士、裸と裸で抱き合って黙って時間の終わりを迎えたいです。それが夫婦の愛の確認だから」

 現在、VR研究の世界では触覚をリアルに再現する人工皮膚の開発が進んでいる。田原氏の願いが叶う日は、遠くないかもしれない。

怒られるから会いたくない

 一方、「会いたいと思わない」と話すのは宗教学者の島田裕巳氏だ。

 島田氏は、現代の家族の介護心中や介護殺人が社会問題化するなか、そうした悲劇を避けるために「親捨て」の概念を提唱している。自分を犠牲にしてまで親を介護し看取ることは子の義務ではない、と主張するものだ。島田氏がそんな考えに至ったのは、実父の死が影響しているという。

「入院していた父に四六時中付き添っていたわけではありませんが、臨終には立ち会うことができました。

 父の息がだんだん途絶えていくのを実際に傍で見て“人間はこうやって死んでいくんだ”とはっきり確認し、その死を自然に受け入れることができた。だから、父のことで心残りなことはなく、今とくに会って話したいと思うことはありません」

 VRで死んだ人に会うこと自体に違和感があると島田氏は言う。

「死者の口寄せをする恐山のイタコさんと違い、いくら精緻になったといっても、VRは人工的なものです。見た目が似ていたとしても、魂が入っているわけではない。NHKの紅白歌合戦で美空ひばりさんのAIが登場した時に賛否両論があったように、CGで“その人”が見えてしまうと、かえってリアリティや思い出が損なわれることがあるのではないでしょうか」

 それとは別の理由で「亡くなった父とは会いたくない」と言うのは、自民党元幹事長で衆院議員の石破茂氏だ。

「父親の前で誇るべきことが何ひとつないからです。もし会ったらどれだけ叱られるかわからない。激怒するでしょうなあ。不相応なことをするな、あれだけ言ったではないか、と。『誠実に真面目に生きることだけが大事なのだ。そうすればいつか人は認めてくれる。偉くなろうなどとするな。お前は政治家になるな』これが遺言でしたから」

 自治大臣などを務めた父・二朗氏が膵臓がんで息を引き取ったのは、1981年秋のこと。当時、石破氏は24歳の銀行員だった。

 鳥取での葬儀の後、東京・青山で二朗氏の畏友・田中角栄氏が葬儀委員長を務めた“田中派葬”が執り行なわれたが、その時に田中氏から言われた「衆議院に出ろ!」の一言で、石破氏の政治家としての道が決まった。

「私が政治家になったことには『あれほど言ったではないか!』と大激怒するに違いなく、また、田中先生にも『田中よ、なぜ倅を政治家などにした!』と今頃あの世で話しているのではないかと思います」(石破氏)

 今でも、亡き父母の夢を見ることがあるという。

「母が何か台所で用意していて父が家にいるような、普通の日常の風景。その風景の2人は怖い父でも母でもないんだ。うちは母もとても厳しい人でしたから、そんな夢を見た朝は『ああ、会えたな』なんてほのぼのした気持ちになるもんです。夢では父も母も優しいけど、VRなんかで話した日にはほのぼのとはならないな(笑い)。厳しいことを言ってくるに違いない。使うのは非常に怖いね」

 親、配偶者、兄弟、そして子供……。家族を亡くす悲しみや絶望は、当人しかわかり得ない。それでもいつか、VR技術が遺族の悲しみを癒す日が来るのだろうか。

※週刊ポスト2020年7月31日・8月7日号

関連記事(外部サイト)