スーパーで駄々こね、1日中ゲームばかり 困った子の対処法

スーパーで駄々こね、1日中ゲームばかり 困った子の対処法

ゲームばかりしてしまう子供にどう接すればいいのか(イラスト/ドナ)

 電車の中でギャン泣きをしたと思ったら、今度はスーパーの床に転がって大暴れ。周囲の冷ややかな視線に耐えきれず、子供に厳しくあたってしまう親は少なくないのでは? これまでに20万人の子供を診療してきたベテラン小児科医・松永正訓さんに、叱らずに子供を伸ばす育児を聞きました。

【教えてくれたのは…】
『松永クリニック小児科・小児外科』院長
松永正訓さん/千葉大学医学部附属病院に19年間勤務した後、クリニックを開院。日本小児外科学会・会長特別表彰など受賞歴多数。 2013年、『運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語』で第20回小学館ノンフィクション大賞を受賞。

●まずは3つの行動に分類する。

【1】好ましい行動か?
【2】好ましくない行動か?
【3】絶対やめさせたい行動か?

 親は子供の行動を上記の3つに分類して対応を。【1】の場合はほめることが原則。笑顔で肯定的な言葉をかけることを忘れずに。

Q:家でも外でも食事中に歩き回って座りません。行儀が悪いので、きちんと椅子に座って食べてもらいたいのですが…。(28才・子は3才女児)

【松永さんのアドバイス】

 食事中や外食先で何度言っても立ち歩きが直らない。これは【2】と【3】の中間になりますが、立ち歩きが直らないという1点だけに注目するのでなく、そこまでの行程を見ていくことが大切です。

 外食なら店に着くまでの車の中、テーブルに座るまでの待ち時間、料理が出るまでと出た後。すべての流れの中から問題を細分化すると、車内ではおとなしく乗っていられたとか、待合室ではじっと待っていたなど、子供がきちんとできていることも見えてくるはず。そこをしっかりくみ取って、できたことはすかさずほめる。子供は自分にできたことをほめられたという喜びを実感します。普段からネガティブなところばかりに目をつけて怒ってばかりでは、子供も嫌気がさしてしまいます。「ちゃんと座って待っていられたね。うれしいよ」と声かけしながら、「できない」が「できる」に変わるようにしてあげましょう。

Q:スーパーやおもちゃ売り場で欲しい物が買ってもらえないと、床に転がって大泣き。周囲の目が気になり、根負けして買い与えてしまうのですが、甘やかしているのではと後悔します。(35才・子は4才男児)

【松永さんのアドバイス】

 この行動は【2】になります。毎回、泣けば欲しい物が手に入れられる。これは子供にとって間違った成功体験となり、繰り返すことで増強されていきます。泣いてもわめいても親は何ごともなかったように無視する対処を。次第に子供も、泣いてもいいことはないと学びますから、問題行動は減っていきます。

Q:注意をしても一日中、ゲームばかりしている娘。依存症にならないか心配です。(39才・子は5才女児)

【松永さんのアドバイス】

 いまは幼少期からゲーム機を持っている子も少なくはありませんが、やりすぎは要注意。脳が興奮し、睡眠につけない子もいます。この事例は【2】になりますが、ゲームを与える最初が肝心。購入条件として「1日30分まで。守れなかったら没収」というルールを決め、約束を守れなければ必ず没収してください。子供に自分で決めた規則を守らせることです。ちなみに私は1日のうちでゲームとテレビ、ビデオ、タブレットなどに要する時間は、まとめて2時間程度と言っています。

※女性セブン2020年8月13日号

関連記事(外部サイト)